WorkStyle_おすすめ本_27
Women Book Lists

急ぎでない仕事は明日でもいい?!生産性アップ術を学んだ本


著書名:仕事の「生産性」はドイツ人に学べ 「効率」が上がる、「休日」が増える
著者名:隅田 貫
出版社:角川書店

海外では生産性を意識している企業が多く、それを日本でも取り入れていった方がよいのではないかとは思っていました。弊社もかなり生産性を意識している会社なので「自分も、しっかりとした知識を身につけたい」と考えて読みました。この本はすごく良かったですね。

ドイツでは、定時で仕事を切り上げて帰宅し、家庭を大切にするのが基本。夜は家族で団欒を楽しむのが普通という習慣が根付いているのですよね。どうしたら早く効率よく仕事を終わらせることができるかということを常に考えて働き、急ぎの仕事がなければ、残りは次の日にやればいいと考えて、メリハリある生活を実現しているのです。私はこの本を読んだとき、この意識がとても大切だと感じました。

そして、この本の影響で与えられた仕事の期限をより強く意識するようになり、確認することの重要性を感じるようになりました。おかげで仕事と私生活にメリハリが生まれ、効率性を常に考えるので無駄な時間が減って生産性もアップしたと思います。

勝又礼佳さん 20代 経営企画
スタークス株式会社

勝又さんの『Real Woman Interview』
「社員のお母さん的存在になりたい!」ゼロから会社の基盤を構築し、安心して働ける環境作りに励む、経営企画ウーマン
Real Woman Interviewをみる

勝又さんの『My Work Style』
アナウンスは明確に!1度で伝わるようにする
My Work Styleをみる