RWI_45_D

【ダイジェスト版】“自分自身のスキルがどこまで通用するのか”を問い続けてきたキャリア。そして自らの力を試すべく、コンサルタントとして新たな道に挑戦中。

原田寛子さん 30代 コンサルタント
株式会社プロレド・パートナーズ

どんな環境でも自身の学びを最大限に得ようと努力してきた原田さん。新卒1年目での店長経験や、極小ベンチャー企業を飛躍的に成長させた実績などを持ち、現在はコンサルタントとしてクライアントの喜びをつくりだす仕事をしています。「本当に自分の力を試せる環境なのか?」を常に自問してきた原田さんのキャリアストーリーに迫ります。

新卒1年目で店長としてスタッフマネジメントを経験
店舗勤務での課題意識を本社で活かして大活躍

洋服と子どもが好きだったことから、大学卒業後に大手子供服チェーンに入社。会社説明会での「チェーンストア理論」に感銘を受け、入社後は研修やアシスタント期間を経て、店長として店舗に配属される。

「チェーンストア理論」に基づいた店舗運営を目の当たりにし、全国で展開している企業のノウハウを体感できることが楽しかったそうです。店舗ではお客様の動向を観察し、気付いたことは本部に報告し、改善できる部分は変えていったといいます。データをもとに売数や売上を分析し、店舗の特徴にあわせて仮説を立てて検証を繰り返し、結果として目に見える変化を生み出せる環境にとてもやりがいを感じていたそう。

店長としてお店の運営だけでなく、スタッフの管理も任されていたため、そのプレッシャーは大きかったと話しています。それぞれ意見や不満を抱えていたスタッフたちをまとめ上げるため、全員を集めて思いをぶつけ合い、半ば強制的にコミュニケーションの場を設けたことで言い出しづらかった不満も解消され、働きやすい環境になったそう。

そうして2年の店舗勤務を経て、本部の商品部へと異動。店長時代に温めていた商品や企画に関するアイディアを実現し、すごく楽しい時期だった。店舗勤務で課題意識を持ちながら仕事をしていたことが本部勤務で活かされ、ある企画では通常の8倍もの売上を叩き出した。

更なる高みを目指して極小ベンチャーへ入社
僅か1年で100名規模の会社へ成長させる

上司や仲間に恵まれ、やりがいのある仕事をこなしていたが、自分の成長について考え直し、「居心地の良い環境で安定して働く」というよりも「自分の力を試して、もっと成長したい」と思っていることに気付く。そこで、「自分が成長できる環境」という軸で会社を探し、社員数3名の菓子販売をしているベンチャー企業に入社。自分自身のそれまでの経験や「チェーンストア理論」が存分に活かせる環境であり、ゼロから参加することで自分の真の力を試すことができると考えたそうです。

ベンチャー企業に入社して1年、社員3名だった会社はアルバイトを含めて従業員100名を超える規模へと成長。目の前の仕事がどんどん増えていくという本当に忙しい時期でもあったが、自分の仕事への自信に繋がる貴重な時期だったと原田さんは語っています。

自分が動かなくてもスムーズに店舗運営ができるようになり、達成感を感じるとともに再び自分自身と向き合い「果たして今の環境で自分の力を試せているのか」と自問したそうです。今までの職場は学びの多い環境で、自身の成長も感じていたそうですが、1社目はブランド力、2社目は商品力に助けられ、「本当の意味で自分の力は試せていないのかもしれない」と考え、もっと自分の力を試せる環境を求め、現職である株式会社プロレド・パートナーズに入社。コンサルタントは商品がないので、自分の力が試せると思ったそう。

自分自身と向き合い、自分自身の力で勝ち取る
何物にも変えられない存在価値を証明していきたい

今まで店長として自分の決断で全てを進めてきたが、今度は企業の担当コンサルタントとして、発注者であるクライアントに納得してもらいながら業務を進めていく必要があるため、“いかに満足感を持った上でサービスを提供していくか”ということを意識しているそうです。クライアントの信頼を得て、クライアントの望む結果を出すという業務であるため、ここにきて初めて自分自身と向き合って仕事をしていると語っています。

プロジェクトの成果について、第三者にわかりやすく伝わるような見せ方や話し方を意識しており、プレゼン力を養うためにスティーブ・ジョブズ氏や孫正義氏のスピーチを参考に日々勉強しているといいます。ただ一方的に提案してくるコンサルタントよりも、自社について一つ一つ丁寧に、課題要素の分解や分析をし、それぞれの根拠を論理的に伝えてくれるコンサルタントの方が信頼できると考え、クライアントに提案をする際は非常に綿蜜に準備していくようにしているそう。

“世の中で必要とされる人材になる”ということを意識して能動的に動き、20年30年経っても世の中に求められるような存在価値をつけるため、日々の積み重ねが大切だと語る原田さん。入社して半年でも多くの成果を上げている中、まだまだ自身のスキルは足りないと考えており、更なるステップアップを目指して自分自身の市場価値を高めていきたいそうです。

原田さんの本編はこちらからどうぞ