RWI_34

表現者として“人にいろんなもの、こと、ひとと出会うきっかけ”を提供したい――そんな想いからUXデザインの経験を積み、今では世界中の人々が利用するサービス作りに携わる女性デザイナー。

日比野 紗希さん 20代 UXデザイナー
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
大学卒業後、大手Web広告代理店の子会社に入社し、UXデザイン、ディレクション業務を担当。入社1年後に、社内でおこなわれるサービス企画のコンテストで優勝し、新規サービスを立ち上げる。その後、LINE株式会社に転職。これまでにコミュニケーションアプリ「LINE」を始め, LINEの様々なサービスに関わり、UXデザイン、ディレクション業務を担当。UXデザイナーとは別にプロの手相観としても活動している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

日本国内で、コミュニケーションアプリとして高いシェアを誇っているLINE。日比野さんは、そんなLINEのサービスのUXデザインやディレクションを担当しています。またその傍で、プロの手相観として活動しているという2つの顔を持つ彼女に、お話を伺いました。

将来“自分のやりたいこと”を実現するために、まずはビジネスモデルを徹底的に学ぶことを決意し、業界トップのWeb広告代理店に入社。

―現在はLINE株式会社でUXデザインとディレクションをされていると伺いましたが、そこに至るまでの経緯やご自身のお考えなどを教えてください。

日比野:大学時代から編集者になりたいと考えており、国内外のアーティスト、クリエイターのキュレーションを軸としたWEBマガジンを運営するデザイン会社に、編集者としてインターンをしておりました。そこでは、アーティストやクリエイターにインタビューし記事にしたり、イベントの企画を行うなどの業務をおこなっていました。

並行して、大学ではドキュメンタリー製作を専攻し、身体表現のアーティストを取材していました。メディアを通してアートやデザインをはじめとしたカルチャーと「人が出会うきっかけ」を与えることが楽しくて、「これを仕事にしたい」と思い、就職活動は編集職をメインに行いました。ですが、なかなかいいご縁がなかったことと、その時働いていたインターン先の仕事が楽しくて就職活動を一時中断したんです。その後、活動を再開したのは、就職活動も終盤に差し掛かる時期でした。

「自分は何がしたいのだろうか」と考えた末に辿り着いたのが、「ビジネスモデルを学べる会社で仕事がしたい」というもの。インターン時代に、自分の好きな編集の仕事をしながらサービスを作っていたものの、ビジネスとして運営していくためには常に収益をあげなくてはならないという社会の厳しさに直面したことを思い出したんです。その時に自分の力不足を痛感したことから、「自分の好きな分野自体を盛り上げていくためにも、収益を出すためのビジネスモデルを徹底的に学び、自分に力を付けよう」と決心しました。そして、まだ応募を受け付けていたWeb業界の中でもトップの売上を誇る会社に応募し、入社に至りました。

話しているところ

ビジネスモデルを学んだ環境から一転。自分の企画したサービスを立ち上げることに。

―ご自身のやりたいことを実現するために、学んで力をつけることを優先されたんですね! 実際、ご入社されていかがでしたか?

日比野:入社後は既存のサービス事業部に配属され、WebディレクションやUXデザインに携わりました。そこでは、希望していた通り“Webで収益を上げる方法やその構造”について学ぶことができました。具体的には、アフィリエイト広告やWebの広告、アップルストアでランキングを上げる方法など、マネタイズに関することです。金銭的な感覚が研ぎ澄まされている社員も多く、社内では常に利益を生み出すための会話がされていました。そのため、ビジネスモデルを学ぶには非常にいい環境だったと思います。

ある程度ビジネスモデルについての知識が身についてきた頃、その時に関わっているサービスとはまた違った分野のサービス展開にも興味を持ち始めました。そして「自分の興味のある分野のサービスを作り出し、パワーを全て注いでみたい」と思うようになり、社内で実施される、新規サービス企画のコンテストにダメ元で応募をしてみることにしたんです。

この社内コンテストは、優勝すると自分の企画したサービスを作ることができるというものでしたので、またとないチャンスでした。通常業務を終らせた後、自分の企画を粛々と考えては周りの方々に見て頂きアドバイスをもらう。もらったアドバイスを元に改善し、再度アドバイスをもらう…といったことを繰り返し、コンテストに臨みました。その結果、私の企画したサービスが認められ、なんと優勝することができたんです! そして、念願だった自分のサービスを立ち上げることになりました。

我が子のように愛おしいと思いながらのサービスづくり。

―素晴らしいですね! 実際、サービスを立ち上げてみていかがでしたか?

日比野:当然、サービスを立ち上げるのは初めてのことでしたので、右も左もわからない状況で、自ら調べたり、周りの人から助言をいただいたり…手探りでしたがすごく楽しい時間でした。自分が考えた企画を、デザイナーさんやエンジニアさんと一緒に作り上げるという経験はとても貴重だと思いますし、自分の作り出した作品がマーケットに出て、それを誰かに使ってもらえることがすごく嬉しかったんです。

作ったサービスがかわいくて仕方なくて、変な話ですが出産を経験したこともないのに、「子どもを産んだ時と同じ体験をしているような気がする」と、一緒に働いていた仲間たちに言っていたくらいなんです。自分でも「こんな感情が沸くんだ」と驚いた程でした。プライベートの時間も割いていたので、四六時中サービスについて考え、想いを込めて取り組んでいました。
そんな経験から、自分の意外な一面を初めて知ることができたので、ダメ元でもコンテストに出てよかったと思いましたね。残念ながら、その後このサービスは終了となってしまいましたが、自分自身にとってさまざまな気づきを得た経験となりました。

―具体的に、どのような気づきを得たのですか?

日比野:自分の得意なことと苦手なことに気づくことができました。
ユーザーについて徹底的に考え、サービスを生み出していくことは、好きなことでかつ得意なこと。一方で苦手なことは、数字や計算でした。算数が不得意で (笑)。マネタイズ関連の話は少し苦手でした。自分の興味や関心の向き、得意なことや不得意なことが明確になったことで、自分自身のその後のキャリアと向き合うことができました。その結果、転職をしてキャリアを変えていこうという決断に至ったんです。

自分の原点でもある“人にいろんなもの、こと、ひとと出会うきっかけ”を提供したいという表現者としての軸を守りながら、世界中の人たちの生活の中に溶け込むサービス作りを実現。

―ゼロからのサービス作りは、日比野さんに非常に大きな影響を与えたのですね。その後、LINE株式会社に入社されたのはどのようなお考えからでしたか?