ROW_譌・貂・RWI_33B

“デザイナー”という職種の枠を越えて仕事をする面白さに気づいたら、自分のキャリア観が変わった。

今西 彩夏さん 30代 デザイナー
日清食品ホールディングス株式会社

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
学生時代、Webの制作会社でデザイナーとしてアルバイトを2年間経験。大学卒業後、大手Web制作会社のデザイナーとして約4年間従事。2012年、現在の職場である日清食品ホールディングス(株)に入社。商品パッケージのデザインを担当している。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Web制作会社にデザイナーとして入社し、現在は日清食品ホールディングス様のデザイナーとしてご活躍されている今西さん。
“デザイナーに固執していない”という将来のキャリアプランを持つ彼女の、今までのキャリアやそこに至るまでの心境の変化を伺いました。

―今西さんの今までのキャリアについて教えてください。

今西:幼少時代から祖母や母親の影響もあり、アートや美術に興味がありました。高校進学時には、県で唯一美術科がある学校へ進学。その後、武蔵野美術大学に入学し、デザインの勉強をしました。
卒業後はWeb制作会社に入社し、Webデザイナーとして約4年従事。2012年に、現職である日清食品ホールディングスに入社しました。現在は、商品パッケージのデザインをメインに担当しています。

学生時代のアルバイトでWeb制作にのめり込む。会社説明会で出会った“個性的な社員”の方々に心惹かれ、「一緒に働きたい」という思いからWeb制作会社に入社。

―幼少時代からアートが好きで、高校生の頃から芸術の道を歩み始めていたのですね。
デザイナーという職種でしたらいろいろな選択肢があったと思いますが、新卒でなぜWeb制作会社を選択されたんですか?

今西:実は、Web制作を始めたのは学生の頃が最初なんです。きっかけは、サークルのOBさんがWebの制作会社を立ち上げることになり、そこでアルバイトをしたことでした。その当時はFlashなどが全盛期で、「自分でプログラミングしたものがブラウザー上で動く」ということに感動し、Web制作にのめり込んでいったんです。
そんな学生生活を送っていたある日、とある大手Web制作会社の方々が、会社説明会のために学校にいらっしゃいました。その時に来てくださった皆さんが、その道のプロフェッショナルであり個性的な雰囲気を持っていらっしゃる方々で、「この人たちと一緒に働けるならすごく楽しいかも! 」と思い、迷うことなくそのWeb制作会社を受けて、めでたく入社することができました。

―一緒に働く人は、非常に大切ですよね。
Web制作会社というとハードワークなイメージもあるのですが、入社後はいかがでしたか?

今西:確かに労働時間は短くなかったかもしれません。ですが、プロフェッショナルな方々が集まっていた職場でしたので、その道を究めた人達とお互いに高め合いながらスキルを磨けるという点では、非常にやりがいを感じながら仕事をしていました。そんな社員の方々といろいろな仕事をさせてもらえたので、仕事は大変という気持ちよりは、楽しく乗り切っていましたね。
特に私の場合は毎年チームが変わっていたため、いろいろな人たちと働くことで様々な価値観に触れていたことが、私自身の学びにものすごく繋がりました。また、作るものも毎年違い、いろいろなことにチャレンジさせてもらえたため、自身のスキルUPを突き詰めることができる環境にあったと思っています。

「自分の手がけたデザインを、自分の生活の中で実感したい」という思いから、制作会社から食品メーカーへの転職を決意。

―素敵な職場だったのですね。
今は日清食品ホールディングス様でデザイナーとしてお仕事をされていらっしゃると伺いました。Web制作会社から食品メーカーに転職するのは比較的珍しいパターンだと思いますが、どのようなことがきっかけだったのですか?

今西:Web制作会社は、先程お伝えした通りすごく刺激的な職場でしたので、とても楽しく仕事をしておりました。ただ、仕事をしているうちに“自分の作ったものが、どういう人たちにどのような影響を与えているのか”ということを、「自分の生活の中で実感したい」という気持ちが芽生え始めました。そんな気持ちを大学時代の友人に相談したところ、彼女の現職である日清食品を受けてみないか、というお誘いがあったんです。彼女を見ていると、確かにいつも楽しそうに仕事をしている印象でしたので、そんな彼女のおすすめならと思い応募をして、現在に至ります。

話しているところ

初めてWebデザイナー以外の職種に関わる経験。自身の視野が広がるのを実感。

―友人に職場を勧められるというのは、とても嬉しいことですよね。実際に日清食品ホールディングス様にご入社されていかがですか?

今西:自分のデザインしたものが、自分の生活の中に溢れていることが非常に嬉しいですね。たとえば、友人がお店で「これすごく美味しいんだよ! 」と手に取った商品のパッケージが、自分のデザインしたものだったりしたこともありました。そのように、身近な人から私の仕事に対してレスポンスをもらえることもあり、それがとてもやりがいに繋がっています。
また弊社は、社長をはじめ会社全体に「おもしろいことをしよう!」という考えを持っている人が非常に多いんです。
他の食品メーカーのデザイナーさんは、通常なら商品パッケージのデザインのみに関わるケースが多いと思います。ですが弊社のデザイナーはそれだけにはとどまらず、様々な場面で様々な業務に関わることがあります。
たとえば先日、東京本社の社員食堂を改装したのですが、その食堂のデザインも社員が考えました。

また私が関わっているものでいうと、「長野県小諸市にアートツリーハウスをつくろう! 」というプロジェクトがあります。これは、弊社の創業者である安藤百福が生前、私財を投じて創設した『公益財団法人 安藤スポーツ・食文化振興財団』が主体となっておこなっているものです。
安藤は、人々の健康を支えるためのものとして “食”と“スポーツ”を大切に考えていました。ですので、日清食品では、『“食”を通して人々の“食べる”を応援』していますが、安藤財団では『青少年の溢れるエネルギーをスポーツによって発散させる』ことを目的に、様々なイベントを実施することで、人々の健康を支えていこうとしています。その一環で企画されているのが、私も運営に携わっている「小諸ツリーハウスプロジェクト」のイベントです。今までデザイン以外の仕事は一切してこなかったのですが、今はこのようなことにも関わることができているのですごく楽しいですし、視野を広げられているように感じていますね。

かばん
※このバックも今西さんがデザインしたもの。

“メーカーならでは”の自負。制作会社と事業会社での経験が、今活かされる。

―デザイン以外のお仕事にも関わっていらっしゃるんですね!