RWI_30

新卒入社1カ月で起案した事業企画が新規事業化。その後25歳で取締役就任。自分の人生のテーマを実現することに一直線の女性役員。

中山 紗彩さん 20代 取締役
株式会社div

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
早稲田大学在学中、法人の20代女性向けの事業開発・マーケティングに関するコンサルティング実行事業の立ち上げを経験。2014年4月リクルートキャリア社に新卒入社。ネットビジネス推進室にて買収案件のグロースを担当。その後、社内新規事業提案制度「New RING‐Recruit Ventures‐(リクルートベンチャーズ)」にて、教育機関の先生と保護者のための連絡サービス「うさぎノート」を起案・事業化させ、同年12月リクルートホールディングス社メディアテクノロジーラボに出向。立ち上げリーダーを担当し、リリースから約1年で数百教育機関の数万会員がアクティブ利用する事業へと成長させる。
2016年2月“未経験から1ヶ月でサービスを生み出せるエンジニアになれる”「TECH::CAMP」を運営するdiv社経営企画部入社後、同年4月11日より同社取締役に就任。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

現在25歳の中山さんは、大手企業で自分の起案した事業企画が新規事業化され、現在は株式会社divで取締役としてご活躍されています。そんな彼女にお話を伺いました。

「チームで事業を立ち上げる経験を積みたい」と思い就職。その後入社1カ月で自分の起案した企画が事業化されることに。

-中山さんの今までのキャリアについて教えていただけますか?

中山:私は早稲田大学在学中に、「法人の20代女性向け事業開発・マーケティングのコンサルティング実行事業」を個人事業主活動として立ち上げ、仕事をしながら学生生活を送っていました。大学3年生になると就職活動がスタート。そのタイミングで、このまま個人事業主として活動を続けるか、もしくは就職するかで、私自身の次のキャリアステップについていろいろと悩みました。最終的には、「チームで事業を立ち上げる経験を積みたい」という思いから就職することを決め、2014年4月、株式会社リクルートキャリアに新卒入社。ネットビジネス推進室に配属後、買収案件のグロースを担当していました。

入社して1ヵ月後の5月に、社内新規事業提案制度「New RING ‐Recruit Ventures‐(リクルートベンチャーズ)」という制度を通して、自身が起案した「うさぎノート」というサービスが審査を通過し、その後事業化されることになりました。そして念願だったチームでの事業づくりを実現することができ、15名のチームを立ち上げ推進していくことになりました。その後事業は順調に成長し、事業継続ジャッジも無事にされ、予算人員増強がされました。私がリクルートに新卒入社した目的は、「チームで事業を立ち上げる経験を積むこと」。その入社時の目的達成ができたという観点と、自分が現場を離れても、事業が回る仕組みづくりと予算人員体制が築けたと思えたという観点で、次のキャリアを歩むことを決断しました。

小学生の時に感じた「自分のアイディアをかたちにして世の中に発信していく」ことのおもしろさ。

―大学生の頃も個人事業主として事業作りをされていらっしゃったということですが、もともと事業づくりに興味を持ち始めたきっかけはあったのですか?

中山:小学3年生と4年生の時に2回、市が運営する「起業家体験キャンプ」という行事に参加したことがきっかけになるのかなと思っています。2日間のプログラムで、事業計画書作成から予算取り事業推進など、起業についての一連の流れを体験できるものだったのですが、そのプログラムにおいて2年連続で優勝したんです。この経験から「自分のアイディアをかたちにして世の中に発信していく」ということに、小学生ながらおもしろさを感じました。それから、自分の中では「事業づくりに関わりたい」という気持ちが漠然とあり、大学の頃から個人事業主として事業づくりをおこなっていました。

PC

―自分の事業企画が正式に事業継続されたということですが、その状況は中山さんの計画通りに進んでいるご感触でしたか?

中山:想像していた以上に早く目標が達成できたと思っています。もともと資金調達できる事業は10分の1くらいのだったので、最初から自分の事業が審査に通るかは、正直自信はありませんでした。もし審査に通らなかった場合、負けて辞めるようなことをしたくなかった私は、もう一度事業企画を一から考えようとさえ思っていたくらいなんです。ですから私の中では、想像していた以上のスピードで進捗したと感じています。

自分の仕事に対するモチベーションに気づいた2ヶ月間。div社に取締役として入社。

―入社後からすごいご経験をされたのですね! 次のキャリアにはどういったプランをお考えだったのですか?