RWI_19

25歳、初めてのマネジメントで涙を流し続けた半年間。今では10名の部下を持ち、エグゼクティブマネージャーとして着実にキャリアを積んでいる。

栄 晴奈さん 20代 お客様コンサルタント エグゼクティブマネージャー
TEMONA株式会社

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
高校卒業後、奄美大島から上京し、短期大学に入学。卒業後は大手生命保険会社に法人営業職として入社したが、4ヵ月で退職。その後、アルバイト期間を約1年経験した後、TEMONA株式会社のたまごコンシェルチームのお客様コンサルタント担当として入社。その後リーダーに就任する。現在はエグゼクティブマネージャーとして社員10名の部下を持ち、マネジメントにも従事している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

25歳でマネージャーに就任し、10名の部下のマネジメントを任されご活躍中の栄さんにお話を伺いました。本日はよろしくお願い致します。

行動管理を徹底された営業時代。入社4ヶ月で退職。

―栄さんは現在マネージャーとしてもご活躍していらっしゃるということですが、もともと新卒でご入社された会社でも、多忙な日々を送られていたのですか?

栄:いえ、1社目の時は本当にひどいものでした。全くがんばれていなかったですね。「働くってなんだろう」と思いながら、なかなか自分のやりたいことがわからずに就職活動をしてしまっていたため、入社後は非常に後悔しました。

1社目の仕事は、生命保険会社での法人営業。セミナーセールス以外の営業手法は、テレアポから飛び込みまで全てやりました。会社の方針により、手段・手法を管理されていたため自由に立ち回れなかったり、意見しても現状の仕組みがしっかり決まっているため枠の中で仕事をしなければならなかったんです。その形式にどうしても馴染めなかったことと、その会社のサービス提供にやりがいを見出せなかったことで、会社を4ヵ月で辞めてしまいました。

一文無しで退職。友人宅に泊めてもらいながら、アルバイトで生計を立てる。

―そうだったのですね!  4ヶ月で退職されたということですが、次の転職先は決まっていたんですか?

栄:それが全く決まっていなかったんです(笑)。その会社にいたらビジネスマンとしてだけではなく、いち人間としてもダメになると思い、すぐに辞める決断をしました。でもそこで一つ問題があって、もともと住んでいた家が会社の社宅だったため、出て行かなくてはいけなくなってしまいました。また4ヶ月しか働いていなかったため、お金が全くなかったんです。一文無しで会社を飛び出し住むところもなくなった私は、その後友人の家を転々としながら、アルバイトをして生計を立てていました。

―それは勢いのある行動ですね(笑)。いつ頃2社目となるTEMONA株式会社さんにご入社されたんですか?

栄:結局1社目の会社を辞めてから12ヵ月くらい経ち 、テモナに入社しました。就職活動は2カ月間という期間を決めて、集中しておこないました。必死に活動した結果、6社から内定をもらい、そのうちの1社であったテモナに入社を決めました。

経験も能力もない中に存在した「何か力になれないか」というその気持ちが入社理由。

―なぜテモナさんに決められたんですか?

栄:テモナの面接で、代表の佐川にコテンパンにされまして…(笑)。この社長の下であれば成長できそうだと確信したんです。あと、その頃のテモナは社員数が6名なのに、業績が急拡大していたこともあり、電話が鳴り止まないくらい忙しかったんです。エンジニアがお客様からの電話応対もしているくらい、社内は人手不足だということを聞きました。そんな状況を聞いて「私がお客様サポート部を立て直します!」と言ってしまったんです。今思うと、まだ内定も出ておらず何の力もない中で、「自分がどうにかしたい」「根拠は一切ないけど、やりたい」という気持ちが強かったですね。
そしてその後、2012年の9月に無事内定をいただき、入社しました。

話す

同期に負けたくないと思い、リーダーを目指す。

―入社後はどのような感じでしたか?

栄:弊社の『たまごリピート』という事業では、ネット通販やカタログ通販のシステムの提供をおこなっています。その事業のサポート部に所属し、主にシステムを導入してくださっているお客様からのご質問にお答えしたり、状況をヒアリングして提案をするというお仕事に就きました。

また、同じタイミニングで入社した同期の中に、すごく優秀な人がいたんです。日々悪戦苦闘する中でも、その人はなんでもそつなくこなしてしまうという、私とは正反対のタイプでした。そんな彼女に負けたくない一心でリーダーを目指し、ひたすら目の前の仕事と向き合った結果、入社1年半 で無事リーダーに就任しました。そしてメンバー育成にもっと従事したいという思いからマネージャーを目指し、2015年の10月にマネージャーを飛び越えてエグゼクティブマネージャーとなり、現在に至ります。

リーダーとして仕事をスタート。部下が全くついてこないことを経験。

―リーダーのお仕事はいかがでしたか?