0324_繧ヲ繧吶ぅ繝・け繧ケ繧ウ繝溘Η繝九こ繝シ繧キ繝ァ繝ウ繧ケ繧吶€€蜷臥伐讒・RWI_18

社会人1年目 までの夢は専業主婦になること。そんな私が執行役員になるまでのキャリアライフ。

吉田 仁美さん 30代 人事担当 執行役員
株式会社ヴィックスコミュニケーションズ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
短期大学卒業後、フリーターを経て、大手百貨店に受付兼エレベーターガールとして入社。約1年弱勤めた後、株式会社ヴィックスコミュニケーションズのコールセンターにアルバイトとして入社。1年後には正社員として、コールセンタースタッフの管理、運営を指揮するように。セールスプロモーション、人財派遣、紹介業などの新規事業の立ち上げを経て、2012年に女性初の執行役員に就任。現在は人事担当として、採用から人事制度の仕組み作りに携わっている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

がむしゃらに仕事をがんばるのが苦手で、将来の夢は専業主婦になることだったという吉田さん。現在は、職場でお子さんを抱っこしながらお仕事をされるワーキングマザーへと変貌を遂げています。そんな吉田さんにお話を伺いました。

―現在は2児の母でありながら、社内で初の女性執行役員でいらっしゃるということを伺いました。吉田さんは学生の頃からキャリア志向でいらしたのですか?

吉田:そんなことは全くありませんでした。そもそも働きたくなかったです。将来の夢は“専業主婦になること”でした。在学中は就職活動もしておらず、短大卒業後、フリーターをしていたくらいです。

次の就職先を見つけるまでの“繋ぎバイト”が、今の会社の入社理由。

―そうなんですね! 今の吉田さんを見ていると想像しがたいです。ちなみにその後どういった経緯で、現在の会社に入社したんですか?

吉田:当初、この会社にはアルバイトで入社したんです。フリーターをやっていた時に、「短大を卒業してフリーターのままではさすがにそろそろまずい」と思い、「まずは何かちゃんとした仕事に就かなきゃ」という具合で、大手百貨店の受付兼エレベーターガールとして働き始めました。約1年弱勤めた後、ルールに縛られた環境や女性独特の組織に耐えられず退職しました。

退職後、次の仕事に就くまでの繋ぎのアルバイトとして、現在の株式会社ヴィックスコミュニケーションズに、コールセンタースタッフとして入社。その1年後、正社員となり、コールセンタースタッフを管理するポジションに就任。セールスプロモーション、人財派遣、紹介業などの新規事業の立ち上げを経て、現在の人事職に就きました。気付けばあっという間に10年以上働いていたというのが、私のキャリアですね。

アップ

仕事をがんばるというのが非常に苦手。そんな私が仕事に楽しさを覚え、正社員へ。

―アルバイトから正社員になられたということですが、吉田さんの心境に変化があったのですか?

吉田:私は、仕事をがんばるということが非常に苦手でしたし、仕事に熱くなっている人を見ると引いてしまうような人間でした。“いかに楽をして働けるか”という観点でしか、仕事を見ていないような人間だったんです。ですから、最初正社員になるお話をいただいた時には、一度お断りをしたんです。しかし仕事をしていく中で、一緒に働くメンバーのことがすごく好きになりましたし、信頼することができたこと、そして何もないところから自ら考え作り上げていくという業務のプロセスに楽しみを覚えたことで、正社員になる一歩が踏み出せたんです。

名刺交換の仕方は、お客様先で教えていただいた。営業商材は2~3ヶ月で変更。熾烈な日々。

―お仕事をしている中で、大変だと思ったことはありますか?

吉田:今は弊社も人数が多くなり、職場環境も当時に比べればよくなりましたが、入社当時は会社がまだ部活動の延長線上にあるようなスタートアップの時だったため、教育体制が全く整っていなかったんです。営業未経験で入社した私は名刺の渡し方も分からずに、営業先でお客様からご指摘いただきながら覚えたという状況でした。パソコンの使い方もよく分かっておらず、提案書の形式も知らなかった。

もちろん、待っていても教えてくれる人はいなかったため、自ら勉強するしかなかった。もっと言うと、売りに行く商材自体がないこともあり、能動的に仕事を取りに行くことがすごく大切だったんです。営業する商材も2~3ヶ月に1回の頻度で変わることもあり、がむしゃらに仕事をしていた具合です。今思うと、この時は非常にきつかったですが、仕事をする上でのメンタルや基礎が鍛えられた大事な時期だったと感じています。

何度も辞めようと思った仕事人生。

―それでも10年以上、御社で働き続けていらっしゃるんですよね。