RWI_17

“自分で作ったキャリアではなく、気が付いたら作られていたキャリア”。 派遣から正社員になり、上場企業の採用リーダーにまでキャリアアップ。

山中 泰子さん 30代 人事 採用部リーダー
株式会社モブキャスト

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
大学卒業後、ピラティスの講師となる。その後結婚し、派遣で生命保険会社の事務スタッフとして勤務。その後職場を変え、人事採用として大手人材関連企業に派遣社員で入社し、正社員に。地域活性プロジェクトの営業職などを経験後、モブキャストに人事として入社。採用リーダーとなる。プライベートでは1児の母。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

大学卒業後、ピラティスの講師から派遣で事務職に就き、その後人事にキャリアチェンジ。更に営業としてのキャリアも積まれ、現在は再度人事として会社を引っ張っていらっしゃる、多様なご経歴をお持ちの山中さんにお話を伺いました。

ピラティスの講師から始まった社会人生活。その後結婚し、派遣で事務職に就く。

―山中さんは、雇用形態から職種まで、さまざまなご経験をされているということですが、大学卒業後はまずどのような職業に就いたのですか?

山中:大学在学中から、資格を保持しながらピラティスの講師をしていました。その当時、就職氷河期だったこともあり、卒業後は就職せずピラティスの講師として「1コマ単位いくら」というような時間の切り売りをして生計を立てていました。仕事は楽しかったものの、「この働き方をいつまで続けられるんだろうか」と不安に思い始めていた時、ちょうど当時お付き合いしていた彼と結婚することになったんです。

結婚後は、時間を持て余さないようにと思い、派遣で生命保険の事務を始めました。やっていた仕事は、データをひたすら打ちこむ作業。定時では帰れるものの、ピラティスの講師をやっていた頃とだいぶ異なる仕事に就いたため、仕事に馴染めず嫌になってしまったんです。「私は人と話すことが好きだから、そんな条件に合っているところを自宅から近いエリアで探そう」と思い、転職活動をすることになりました。

「人と関わる仕事がしたい」と思い、始めた人事採用担当という仕事。

―何をやりたいというよりは、働く条件で仕事を決めたという具合ですか?

山中:そうですね。人と関わる仕事であればなんでもよかったんです。そして、大手人材関連企業に派遣社員で、人事採用担当として入社しました。
当時の採用担当者は、現在の社長(当時取締役)、子育て中の女性マネージャー、そして私の3人で構成されていました。そんな体制で多くの方を採用するため、実務的な仕事は全部私が1人で対応することになったんです。そして毎日のように、1日に何度も説明会をおこなう日々が続きました。「私は一体どのくらい働いているんだろう」と不安に思うほど、がむしゃらに働いていましたね。

その当時は、本来いただく契約だったお給料の、なんと2倍ものお給料をいただいていたんです。あまりにも残業が多すぎて(笑)。でもそれでも続けることができたのは、応募者からの「山中さんがいるから応募しました」、「入社を決めたのは山中さんがいたからです」といったような、嬉しい言葉があったからです。その後、雇用形態を派遣から正社員に切り替え、人事として経験を積み、新卒、中途、エンジニアの採用や新人事制度構築など一通りの人事業務に携わりました。

そして「そろそろ数値で仕事実績が見えるような仕事がしたい」と思い、キャリアチェンジの希望を出し、地域活性化事業に関わる営業として、仕事を始めることになりました。

話しているところ

「人事から営業へキャリアチェンジ。全国出張をしながら仕事をする日々。

―人事から営業にキャリアチェンジとは珍しいご経歴ですよね。