WorkStyle_アイキャッチ_F-04

二児の母でありながら、最前線で働き、活躍し続ける女性のロールモデルになる

中山 祥子さん 30代 インベスター・リレーションズ統括マネジャー
J-STAR株式会社

会社を経営する父を持つ。会社を成長させていく父の姿を見ながら育ったため、将来は「日本の中小企業の成長を支援したい」と考えるようになる。2008年、新卒でリーマン・ブラザーズ証券会社に入社。その3ヶ月後にリーマンショックが起こり、入社3ヶ月で職を失うが、その後大手日系証券会社に転籍。M&Aのアドバイザリー業務を担当する。のちに株式部門に異動。夫の海外転勤を機に仕事を辞め、シンガポールで専業主婦となる。第一子を出産後、現在の会社(J-STAR株式会社)に就職。現在は二児の母でもある。

できないと思いつつ、海外で1年半専業主婦を経験

-ご自身のBusiness(お仕事)でのターニングポイントはなんですか?

中山:専業主婦になり、出産も経験したことですね。その前までは、朝9時に出勤して、帰宅は翌朝…というような生活をしていました。24時に仕事が終わった日は嬉しくて飲みに行きたくなっちゃうほど、だいぶ破天荒な仕事生活を送っていました。体力的に辛い時もありましたが、それでも辞めようとは思っていませんでしたし、私が専業主婦になるなんて絶対に向いていないと思っていました。ところが、夫の海外駐在が決まり、夫についていくことになった私は、一度仕事を辞め、専業主婦となりました。今までの私で考えたら、自分が専業主婦を選択するなんて想像もできませんでした。ただ、「やってみないとわからない。それであれば一度やってみよう。」というような性格なので、とりあえずは専業主婦になってみることにしたのです。

そして約1年半、海外で専業主婦をしていたのですが、やはり自分には合わないと思いました(笑)。夫は、「俺はおまえを養っているのだ」と偉そうにふるまうような人ではありませんでしたが、何か買い物をする時も、私自身が勝手に「申し訳ない」と感じてしまったのです。また、同じ駐在中の奥様たちの文化にも馴染めずにいました。例えば、初対面の紹介では、「こちら、~~さんです。ご主人は、○○会社に勤務してらっしゃいます。」と、なぜかセットで夫の勤め先を紹介されることが多くあり、これにはとても違和感を覚えました。過剰かと思いますが、『自分が自分として見られていない』と感じていました。そのような経験を踏まえて、やっぱり自分は働き続けていきたい! と思い、一人目の子どもが生まれた3ヶ月後には就職活動を始めたのです。

また出産は、私にとって非常に大きな変化をもたらしたきっかけでした。私の場合は、一度専業主婦になってからの再就職ということもあり、改めて「自分はどういう働き方をしたいのか」、「職場にどういうものを求めているのか」、「どういう状態になっていたいのか」ということを考えるきっかけになりました。
また再就職する時に、『働く』ということについて、どこに優先順位を置くか、ということを考えました。学生の頃は、まずは人気がある大手企業に、という短絡的な考えて就職活動をしていましたが、出産し母となってからは、長期的なキャリア形成のためにベストな選択ができるよう、様々な視点から就職活動をおこないました。それは、母として当たり前の観点かもしれませんが、私にとっては凄く大きな変化だと思います。
今は定時の17時半か、遅くとも18時半には会社を退勤。時期にもよりますが、家に仕事を持ち帰ることもあります。そのような具合で、子育てと仕事を両立させています。

2
※家に持ち帰って仕事をする時は、キッチンの横にデュアルスクリーンのパソコンを整備。子どもの様子を見ながら仕事をすることができます。

娘が誇りに思えるような母でありたい。

-今後のご自身のキャリアプランについて教えてください?

中山:私は同社に入社する前から、子どもはまだ数名欲しいと思っており、その旨も会社に伝えてあります。子どもは授かりものではありますが、自分の年齢を考えた時、いつならタイミングがいいか考えたりもします。また、これからもキャリアを積んでいく中で、どのタイミングに妊娠・出産を組み込むことができるかも考えたりしますね。

また、仕事し続ける理由として、『社会にインパクトを与えたい』という考えがあります。娘が二人もいますので、将来娘たちにも自立して欲しいと思いますし、私の仕事に対する姿勢や頑張っている姿を、親として見せなければとも思っています。

3

家庭と仕事以外の自分の場所を持つことは大切

-ご自身のキャリア形成のためにやっていることはありますか?

中山:『家庭』と『仕事』以外の『もう1つの場所』を作るようにしています。私は現在、東京青年会議所に参加しており、また自治体の協議会で区民委員を務めています。なぜこういう場を大切にしているかというと、ここで出会う方々の中には経営者や教育関係の方、また自治体の方等、仕事と家庭の往復ではなかなか出会うことができない面白い方ばかりなので、とても刺激を受けることができるのです。
また、今の自分があるのは、これまでまわりの方々がサポートしてくださったからこそであり、今は地域の活性化のためにも、自分が貢献できることを探していきたいと考えています。

女性の活躍を促すきっかけ作りは、自分がロールモデルになること。