RWI_118_0327

自分がやりたいことより、会社に必要なところを埋められる人でありたい――。究極のゼネラリストを目指すマルチウーマン

鈴木孝枝さん 40代 経営企画部 課長
リスト株式会社


1972年生まれ。大学卒業後、百貨店に勤務し、1年間接客販売業務を務めたのち、商社に派遣雇用として勤務。4年間、事務職として従事。その後、駐日外国大使館に正社員として勤務し、外交官のサポート、来日する高官のスケジュール管理などを手掛けながら、IRの資格を取得。その後、大手証券会社に入社し、6年間、名古屋など東海地区の大手法人向けの提案営業に従事。現在はリスト株式会社に在籍。海外営業部、マーケティング部を経て、2016年より経営企画部に所属。米国のサザビーズインターナショナルリアルティ®本部とのリレーション・マネージャーとして、サザビーズインターナショナルリアルティ®との共同のマーケティング企画ほか、海外事業の管理、社長のアシスタント業務なども兼任。

ネイティブ級の英語力と知的向上心で幅広い業界で結果を残しながらも、将来への不安を常に持ち続けてきながらキャリアを築いてきた鈴木さん。何度かの転職を経て、“生きるための仕事”から“会社の隙間を埋められるゼネラリスト”として仕事に対する意識の変化を遂げ、現在活躍されていらっしゃいます。そんな彼女のキャリアストーリーを伺いました。

バブルが弾けた就職氷河期。仕事に気持ちが入らない毎日

―鈴木さんのファーストキャリアは百貨店ですよね。学生時代は流通や販売業に興味があったのでしょうか?大学生時代に思い描いていたキャリアから教えてください。

鈴木:はい。両親が商社に勤めていたので、大学生のときは漠然と商社に勤めたいと考えていました。小学生の頃、海外で生活していたので英語ができたということもあり、できれば英語力を活かせる仕事がいいと思っていたんです。英語を使って国を跨いでできる仕事につきたいと考えていました。ところが、私が就職活動していた時代はバブルが弾けて2年目、まさに就職氷河期だったんです。まったく新卒を採らない会社も多くあり、選ぶ余裕などありませんでした。商社も受けたものの、全部だめで、それで流通だったら海外との取引もあるかもしれないと思って、百貨店に入社したのです。

でも私が配属されたのは店舗勤務の販売職で、これが結構肉体労働なんですよ。大きな箱を持って階段を昇ったり降りたりしていたら、ギックリ腰になってしまって(笑)。そのときにこの仕事を続けていくのは厳しいと思いました。もともと自分が希望していた業務ではなかったし、正直嫌になって1年で辞めてしまいました。

ただ今、振り返って少し後悔しています。やはり1年で辞めたのは早すぎました。その後のキャリアにおいて、販売職の1年間が活かされたことはありますし、もっとちゃんと販売職と向き合うべきだったと思います。できることなら「3年は勤めないとダメだよ」とあのときの自分に言いたいです。

―今振り返れば……ということはありますよね。でもそのあとの再就職は厳しかったのではないでしょうか。まだ時代は就職難ですよね。

鈴木:そうですね。やはり商社に行きたいという気持ちが強くあったのですが、どこの企業も収益が苦しく、多くの商社が正社員の事務職が辞めたあとのポストを派遣で補っていました。だから私は「商社に勤めるにはこれに乗るしかない」と、商社専門の派遣会社に登録をしました。

派遣で決まった商社はとてもいい会社でした。派遣社員の私にも責任感ある業務を任せてくださり、派遣社員が普段持つことのない会社の名刺も作っていただきました。その名刺を持って外回りもしていましたね。

私が所属していた部署は穀物部で、お米と麦を海外から輸入して日本の政府にそれを入札して買ってもらうという業務。海外の輸入業者と日本の食糧庁の間を取り持って申請書を作成するなど、外部の方とのやりとりが多い仕事だったんです。ほか海外の輸出先、船会社、通関会社、保険会社、食糧庁、それから日本側のお客様との間でコミュニケーションを取りつつ、幅広い仕事をしていました。

―前の会社とは全く違う仕事ですね。商社に勤めたいと思っていたとはいえ、商社で仕事をするために必要なスキルはまだないと思うのですが、どうされていたのでしょう。

鈴木:それが、とても丁寧に教えてくださる先輩方がいて、本当にありがたかったです。社会人としての立ち居振る舞い方もこの会社で学ばせていただきましたし、仕事をする上で必要なことはすべてここで学びました。人にも仕事にも恵まれて、本当に感謝しかありません。

ただ、私の中で派遣社員として働く区切りを27歳までと考えていました。仕事は楽しかったけれど、退職金も出ませんし、当時は健康保険も整っていなかったんです。ましてや年をとっても今のように働かせてもらえるとは限らないなどを思うと、不安なところがありました。そんな風に考えて、ちょうど区切りの年齢を迎えたところで、辞める意志を固めたんです。でもこの商社で働いた4年間はとても充実していました。

話しているところ

信頼されて仕事を任されるやりがい、クリエイティブに仕事をする楽しさ

―充実されていた仕事を派遣という立場への不安からやめて、今度は正社員を目指したんですね。それで決まった職場が駐日外国大使館というのは驚きです。商社とも違う仕事ですし、どのような経緯で入り、お仕事をしていたのでしょうか。