RWI_116_0405

「1日の大半を費やす仕事だから楽しく働きたい」一営業だった私が国家資格を取得し、掴み取った仕事での自信と楽しさ

久野 絵美子さん 40代 不動産鑑定士
オリックス株式会社


1976年生まれ。大学卒業後、オリックス株式会社に入社。7年間、リース営業や法人営業を務める。専門的な仕事をしたいという思いから、難関といわれる不動産鑑定士の資格を働きながら取得。念願の不動産鑑定部へと異動し、不動産評価業務を行う。その後、出産・育休を経て、現在は2児を育てながら、同社で不動産投資案件審査業務を担当するワーキングマザー。

仕事は楽しみながらやりたいという前向きな努力家で、双子の小学生のママでもある久野さん。新人時代から営業をされていましたが、ある時もっと専門的な仕事をしたいという自分の気持ちに気付き、資格取得が難しいといわれる不動産鑑定士をはじめ、数々の資格を働きながら取得されています。彼女のベースにある「仕事は楽しんでやるもの」という想いはどこから生まれたのか。ワーキングマザーとして育児と仕事を両立していくための秘訣についてもお伺いしました。

“使えない人”と思われたくないという一心でとにかく働いた一年目

―まずは久野さんの入社のきっかけについて教えてください。

久野:学生時代、こういうことをやりたいという明確な目標がなく、将来のことも企業に入社してから考えればいいかなという気持ちだったんです。ただ、長く仕事をしたいという気持ちはあったので、働き方の選択肢が多いオリックスに、転勤のないエリア総合職で入社しました。実は、入社前はオリックスが正直どんなことをしてる会社なのか深くは把握しておらず、ただ、大きな会社に入ればもし最初の配属部署が自分に合わなくてもいつかは異動という選択肢もあるかなと考えたんです。

入社後は、最初にOA機器のリース営業をする部署に配属されました。最初はわからないことだらけだったので、慣れて覚えるところからスタート。頭で覚えるだけでは身につかないと思い、1年目は何か言われたら「はい!やります」という風に、とにかく前向きに引き受けて、体で覚えていきました。そのうちに、働く環境にも慣れ、お客さまとの関係も築けてきて、2年目には後輩を教える立場にもなりました。徐々に指示を受けて動くだけではなく主体的に動けるようになり、それに伴って与えられる権限も増えていきましたね。最初のうちは何かあればすぐ上司に相談していましたが、次第に自分の判断である程度業務を進められるようになっていきました。

―そうだったんですね。入社してから将来を考えるということでしたが、新卒時にはどのようなことをモチベーションにして働いていたんですか。

久野:私は決して高い志があるタイプではなかったのですが、働くからには仕事内容がどうだとかよりも、使えない人だと思われたくないという気持ちがあったんですよね。それは社内に対しても、取引先に対しても(笑)。あと、やはり仕事は1日の大半を費やすものなので、楽しくやれるほうがいいなと常に思っているんです。「週末のために平日とりあえずがんばる」という発想は全然なくて、やるからには「もっとこうしたい!」と自分が前のめりになれる仕事がしたいなと思っています。

私が4年間担当していたリース営業はルート営業だったので、既存のお客さまを継続して訪問していました。そこではお客さまとの関係をしっかりと作っていくことで仕事を進めやすくなるんです。「あなたがそう言うなら」と言ってもらえる関係を構築することができると、お客さまから頼りにされていると実感することも多くなり、それが充実感に繋がりモチベーションになっていましたね。

また、年数を重ねるにつれて、自由に営業活動を進めることができたので、自ら考えて行動し、その結果、数字が積み上がっていく楽しさは実感としてありました。気づいたら忙しくなって仕事にのめり込んでいましたね。ただ、非常に高いモチベーションで「やってやろう」といった気負いはなく、やるべき仕事をして余裕があったらプラスαでなにかをする、という具合に楽しんで働いていた感じです。

そうこうしているうちに、業務内容自体は4年間そこまで大きくは変わらなかったので、慣れもあって、他の経験も積んでみたいなと思うようになりました。社内では3~4年で部署異動が一般的だったので、そろそろいい時期かなと思って異動願いを出しました。

本を読んでいるところ

異動を機に初めての苦戦。任された仕事でこの先自分が開花できるか悩み、
今後のキャリアを考えるきっかけに

―異動されてからのお仕事について教えてください。

久野:何となくいきたい部署への異動希望は出したのですが、その部署に必要な専門知識が足りなくて叶わず、結局、すぐ隣の融資やオリックスグループの商品を販売する法人営業部に異動することになったんです。普通は異動となるとビルやフロアも変わることが多いのですが、私は隣に移っただけで、正直「おっと、そこか…」という気持ちはありましたね(笑)。ただ、同じ営業といっても、それまでは既存のお客さまにリース専門の営業をしていたのが、異動先は、新規営業もあり、商材もグループの金融商品全般が対象となったので、最初はすごく戸惑いました。
一方で、支店内異動だったため人間関係の構築が一からではないという利点もありましたね。

そんなこんなで、いざ新しい部署で仕事をしてみると、本当にわからないことばかり。ただ1つわかっていたのは、基本的なことですが「お客さまはメリットを感じなければ買わない」ということ。ですから、商品の仕組みを理解するところからのスタートでした。

とはいえ、もう5年目でしたし、新人みたいにはできないという焦りはあったと思います。1年目にあれもこれも覚えなきゃ!と頑張っていた時よりも、ずっと辛かったかもしれません。1年下の後輩が教育係として付いてくれたり、先輩の商談に同行させてもらいながら、お給料に見合った最低限のことはやらなきゃと毎日思ってもがいていました。ただ、やればやるほど「私、ここで羽ばたける気がしない」となってしまって。

―具体的にはどのあたりでそう感じたのですか。

久野:たくさんの商品の中からお客さまに合うものを選ぶこと、そのために、多くの商品知識を広く持つこと、でしょうか。その上、教えてくれるのは年次が下の後輩で、本当にみんな優秀で「私が何年かがんばったところで、こんなふうにできる気がしないな」と思ったんです。

それまでの仕事は、1つのことに傾倒していたので、やっていくうちに徐々に要領を得ることができたのですが、新しい仕事は、次々に新しいものが出てきてはその都度一から覚えていく必要がありました。人によっては常に新しいもの習得して、それをお客さまに提案していくのが好きだったり得意だという人もいるのですが、私には向いていないと思ったんです。やってもやってもなんだかできている感覚がなく、だんだんと手に職を持つというか、専門分野の仕事がしたいという気持ちを持つようになりました。

実は、もともと異動前に希望していたのは債権回収の仕事だったんです。社内では異動希望が殺到するような人気部署というわけではないのですが、すごく専門的な仕事であるというところに私は興味があって。スキルがなくて異動できないのなら、専門知識を身につけて資格を取得すれば会社も認めてくれるかもしれないと思ったことがきっかけになって、異動した翌年から不動産鑑定士の勉強を始め、取得しました。

会社員と国家資格取得勉強という両輪
自ら勝ち取った希望部署への道

―すごいですね!仕事と資格の勉強との両立はどのようにされていたのですか?