RWI_94

憧れていた広告代理店で経験した泥臭い地道な営業。20代で得意分野を確立し、自分のコアを見つけた先に見えた新しい“30代の理想の生き方”

安田 裕子さん 30代 プランナー
株式会社オプト


2005年に広告代理店である株式会社オックスプランニングに入社。そこで充実した3年を過ごした後、業界トップの株式会社オプトに転職。前職の経験を活かして活躍する中、2011年に自ら希望し大手総合代理店に出向。激動の日々で実力がついた実感を得つつ、2014年に帰任後、現在はチームマネージャーとしてチーム育成に励む。

広告代理店の中でも様々な領域を担当しながら、スキルを磨き、結果を残してきた安田さん。右も左も分からない部署への異動に手を挙げるなど、常に前向きにキャリアを築いてきた安田さんには、今だからこそ感じる「働く」ことについての価値観があるようです。新卒時のキャリアから、現在に至るまでの率直なお気持ちを伺いました。

広告代理店への道を目指したきっかけは焼き肉チェーン店!?
男性には負けたくない、自立した女性になりたいという想いで広告代理店に入社

—新卒で広告代理店に入社しようと思ったきっかけは何だったのですか。

安田:もとから広告に興味があったというわけではなく、大学生時代に焼き肉チェーン店で販促のアルバイトを経験したことがきっかけでしたね。アルバイトでは、店内のポップやDM、FAXの原稿で自分の表現したものがお客様に伝わって、最終的にそれが売上として返ってくるという体験ができました。それが学生の私にはとても新鮮で、広告業界でもっと本格的にやってみたいと思い、広告代理店を目指すようになりました。広告代理店に行きたいという気持ちは、そのまま最後までブレることがなかったですね。

—学生時代から広告やマーケティングという仕事に魅力を感じていたのですね。当時の安田さんにとっての「理想の社会人像」と、1社目の企業を選んだ経緯について教えてください。

安田:学生時代は男性には負けたくないというバリキャリ思考でした。いつもスーツを綺麗に着こなして、カツカツとヒールを鳴らして歩くようなカッコいいキャリアウーマンになりたいと思っていましたね。

そんな理想像を思い描いて私が就職活動をしていた2005年は、就職氷河期を抜けるかどうかという厳しいタイミングで、広告代理店を片っ端から受けましたが、ことごとく試験に落ちてしまいました。

そんな中、OOH(アウトオブホームメディア)と呼ばれる交通広告やビルボード(屋外広告)、工事現場の仮囲いの壁面に期間限定で広告を出すという領域で、ラッピングバスの事業を始めたオックスプランニングに出会いました。新しいことにチャレンジしているところに魅力を感じて入社を決めました。

話しているところ

憧れの業界に入社するも、予想とは異なる泥臭い現場を
「石の上にも3年」の 精神で乗り切る

—実際に広告代理店に入社してみていかがでしたか。

安田:現実は私が思い描いていたドラマに出てくるような華やかな広告代理店の仕事とはかけ離れていて。毎日、新規100件のテレアポをしながら、いろいろな代理店やメーカーさんに営業をしていました。1年目は本当につらくて、メンタル的にも厳しかったなと思います。

営業してお客様に私自身を信用して頂いたり、納品物が世の中に出ていくのを見たりしているうちに、ようやく成果が後からついてくるようになったと感じたのが2年目の後半でした。

—そこまで大変な仕事を2年目の後半まで頑張ったモチベーションは何だったのでしょうか。

安田:とりあえず「石の上にも3年」というし、3年間は絶対に辞めたくないという強い気持ちがありました。誰に言われたわけでもないのですが、簡単に辞めてはいけないと思っていました。

2年目後半には、ただやみくもに商品を売るだけでなく、お客様のニーズが分かるようになったり、対等に話ができるようになったりして、専門性が少しずつ身に付いていることが実感できました。少しずつ自分で仕事をコントロールできる感覚を掴めるようになっていくことがモチベーションに繋がっていたのかもしれませんね。

日本有数の一等地での仕事。新人賞を受賞することで自信を掴み、
納得のいく形で次のキャリアへ

—特にこれはやりきったという印象的な仕事はありますか。

安田:ファッションブランドの代理店様を担当した時ですね。銀座4丁目の交差点は日本有数の一等地で、たくさんのビルボードがありますが、一流ブランドが年間契約で入っている場所なので、なかなか空きが出ません。

それが、たまたま掲出の契約が終わるお客様がいるという話を聞いたので、チャンスだと思って代理店様に掲出の提案をしました。そうしたら、ぜひ掲出したいという話になり、とても大きなビルボードをその後、数年間出してもらえることになりました。当時の私にとっては、あの場所に広告を出せたこと、自分の手掛けた仕事が“モノ”として存在することが大きな喜びでした。そして、これは新人賞をいただくきっかけにもなり、自信にも繋がった印象深い仕事でした。

2人ではなしているところ

3年間やり切ったという納得のいく状態でセカンドキャリアへ。
新しい職場では手応えを感じつつも「まだこれから!」という思い切りで
まったく未経験の分野に手を挙げ挑戦する

—成果も出てやりがいも感じている中、次の会社で移ろうと思ったのはどんなきっかけがあったのでしょうか。