RWI_98

持ち前のリーダセンスで紆余曲折を乗り越え、女性が活躍できる社会を目指して飛躍を続ける代表取締役社長

井島 郁子さん 40代 代表取締役社長
MRT NEO株式会社(MRT株式会社子会社)


1998年に静岡県内の雑誌広告媒体を運営する広告代理店に営業・ディレクター職で入社。その後、営業スキル向上のため2003年に大手生命保険会社に入社。営業を5年間経験した後、2007年に業界最大手の携帯電話代理店に転職。営業からマネジメントにまで幅広く携わり、7年間在籍。結婚後しばらく勤務したのちに退職。その後夫と共に上京し、2014年、MRT株式会社に転職。アルバイトで入社するもその実績を買われ、現在は子会社代表取締役社長・本社経営企画室長・本社人事責任者を務める。

20代の頃から「早く30歳になりたい」と思っていたという井島さん。持ち前のリーダーシップを発揮し、これまでのキャリアを築いてきました。現在の会社にはアルバイトで入社し、わずか2年足らずで子会社代表取締役社長に就任したというスーパーウーマン。自分のやりたいことに対してはキャリアダウンも恐れずに進んできた井島さんに、これまでのキャリアと今後のビジョンについて伺いました。

とにかくおもしろい仕事がしたいだけだった私が、
あるオーナーの一言をきっかけに本格的な営業の道を歩むことに―

-新卒でご入社された会社はどのようなご意向だったんでしょうか。

井島:当時の私は今の大学生に比べると恥ずかしい程なにも考えていなくて、お金はいらないから、おもしろい仕事がしたいとしか思っていませんでした。1日8時間ということは人生の1/3の時間を働くことになるので、それなら、おもしろい仕事がしたいという程度の非常に浅はかな考えだったんですよね(笑)。

そして、当時は事務職がよく着ていた制服をどうしても着たくなくて、スーツを着て企画のようなかっこいい仕事をすることに憧れていました。その時代はちょうど就職氷河期に入ったところで、学生起業やITバブルの走りだったので、社長になることにも少し憧れがありましたね。

そんなとき、就職活動でおもしろいことができそうという理由で応募した静岡県内の広告代理店で、偶然にも中学の恩師が副社長をやっていたんです。私のおもしろい仕事への熱意が伝わったのか、4年生になったばかりの4月には内定をもらえたので面接もその1社のみしか受けていません。

-そのような偶然があったんですね! そこからはどのように進んでいったのですか?

井島:内定をもらってから1年間はその会社でアルバイトをしていました。そのときは雑誌の無料のパブリシティページを担当して、プレゼントページや読者ページのライティング、簡単な撮影などをしました。最初のうちは言われたことをそのままやっていただけでしたが、途中からは自分でアイデアを出せるようになりました。

その頃の仕事といえば、先方に「プレゼントページの商品を無料でもらえないか」という簡単な交渉をしたり、取材に行って試食させてもらって記事を書いたりと、今思えば楽しいことばかりでしたね(笑)。

そのうちにだんだん客先で雑誌の有料掲載について聞かれるようになりました。最初はそれを営業の先輩につないでいましたが、いつの間にか自分で仕事を取ってくるようになりました。

そのときに自分が営業をしているとは思っていなかったのですが、あるオーナーさんから「自覚がなく、営業をするのは失礼だ! 」と怒られたことがありまして……。それからは、営業としての意識をもつようにしました。

話しているところ

泣きながらの営業活動
キラキラ輝いている30代女性への憧れがモチベーションに――

-そうだったんですね。アルバイト期間を終えてから、業務に変化はありましたか。

井島:はい。入社1年目からは枠売り広告ページの営業と簡単な企画の一部を担当していました。当時の社長に「営業力がないから、とりあえず毎日10店舗回ってこい」と言われて、それを馬鹿正直にこなしていました。飲食店ばかり10店舗選んでしまうと、混雑する時間が重なってうまく回れないので、美容院に行ってから、次は飲食店でその後に居酒屋とバーといった感じで、自分なりのスケジュールを組んで回っていましたね。そして半年後には顔パスで行けるお店が500店舗ほどになっていたほどがむしゃらにお客様のところに足を運んでいました。

営業していて気づいたことがあって、店舗側には「無差別に広告枠を売りに来た」と思われてしまうことが多いんです。それを打開するために、当時草分け的な存在だった「割烹居酒屋」や「隠れ家ダイニング」だけを厳選し、5店舗のみ掲載するという見せ方をご提案しました。それまでも簡単な企画はしていたものの、こんな風にお客様の声を反映した“本当の意味での企画”ができるようになったのは、入社2年目頃だったと思います。

-なるほど。最初は乗り気ではなかった営業を本格的にやることになって、心境に変化はありましたか。

井島:ある時お店のオーナーに「そちらから見れば何店舗もある中の1店舗かもしれないけれど、自分はこのたった1つの店を維持するために頑張って、やっと捻出した広告費なんだからもっと大事に使ってくれないと困る」とご指摘を受けたことがあったんです。今思えば、この時初めて売上に対しての費用のあり方を意識した出来事でした。

そのときは、とにかく怒られたことが悔しかっただけだったんですが、それを会社に戻って社長に伝えたら、オーナーのいう通りだと言われました。“経営者”という存在に初めて触れられた気がして、お金をもらうためには信頼関係が必要だということを実感しました。

それからは営業に取り組む姿勢も変わり、お店のこだわりやクローズアップしたいことを理解した上で、オーナーに満足してもらえる広告を掲載するにはどうしたらいいかを考えるようになりました。5万円という小さな広告枠ではありましたが、お客さまにとって有益なものにしたいし、一緒に作っていきたいという気持ちに変わりましたね。

-そのオーナーの言葉から気づきを得られたんですね!
当時、仕事のモチベーションにしていたものがあれば教えてください。

井島:当時はとにかく「怒られたくない」と思っていて、悔しさをバネに頑張っていたように思います。なにをやっても怒られてばかりだったので、犬がお手をして褒められているのを見てうらやましい気持ちになったこともありました(笑)。とにかく何をやっても上手くいかなかったんです。アポイントの効率も悪いし文字のミスもあったりして、いつも怒られていました(苦笑)

あとは、20代前半のうちから、早く30代になりたいと思っていました。ネイルサロンのオーナーや、イタリアンレストランのソムリエ兼オーナーなど、30代の女性たちがとにかくキラキラと輝いて働いているように見えたんです。仕事のノウハウも蓄積されているし、ライフスタイルやファッション、ご飯の取り分け方ひとつ取ってもかっこよく見えて。

それに比べて自分がまだまだ子どもだと感じ、早く30歳になって彼女たちのように輝きたいという憧れをモチベーションにしていました。ここでは「仕事の基礎」と「ディレクション業務」を通じて“0を1にする”ことを学んだと思っています。

それでも、労働環境が過酷だったので辛くなることもありました。当時は雑誌も作っていたし、今のようにWEBの技術も発達していなかったので、なにをするにも時間がかかって、残業や土日出勤もかなり多かったんです。お金はいらないから、おもしろい仕事がやりたいと思って入社したにも関わらず、この先ここでやっていけるかという不安もあって、悩んだ末に退職することにしました。

UP

最年少マネージャーの指導の下、
入社まもなくして成約!営業の基礎を叩き込まれる

-転職先に「生命保険の営業」という全く違った業界を選んだことにはなにか理由があったのでしょうか。