RWI_69
Real Woman Interview

いつまでも“言い出しっぺ”でありたい!主体的に仕事をする楽しさを知って芽生えた“ベストセラー商品”をつくる夢。

下国良子さん 40代 商品開発


新卒で大手化粧品メーカーに就職。営業、秘書、営業企画、商品企画を担当する。その後、1999年に美容機器・エステサロンを運営しているベンチャー企業へ入社。2005年に一児を出産した後、2007年に大手化粧品メーカーに商品開発職で入社。現在、2児の母。

今回は、化粧品業界を軸に様々なキャリアを歩まれ、二児の母でもある下国さんにインタビューさせていただきました。

訪問販売が本当に嫌で実家に泣きついた時もあったけど、実演で突破口を開いていった新卒営業

―新卒時に化粧品業界を選んだ理由と、入社当初のエピソードをお聞かせください。

下国:私には学生のころからずっと働き続けたいという気持ちがあったので、「女性が長く働ける業界はどこだろう」と考えながら就職活動をしていました。周りには広告代理店、マスコミ、銀行などを選ぶ友人が多かったのですが、私は自分に合いそうだと感じた大手の化粧品メーカーに入社を決めました。

その会社では、新卒社員全員がまず営業に配属されて、一般家庭への飛び込み訪問販売をするんです。「カラー判定しませんか?」、「スキンケアに興味はありませんか?」という営業トークで必死に営業していました。

―飛び込み営業では、満足のいく結果は出せましたか?

下国:それが、いくらやってもなかなか成果を出すことができず、とても苦しかったですね。しかもノルマがあったので、とても大変でした。

辛くて仕方なくて、よく実家に「辞めたい」と電話をして泣きついていました(苦笑)。そんな中、突破口となったのが身体を張った実演販売でした。当時は美白美容液を販売していたので、わざと2本の指に指輪をして日焼けの跡が残るようにしておいて、片方の指にだけ美白美容液を塗り続けて、営業の時に、「片方だけ指輪のあとが残っています。こちらは残っていません。このエッセンスを塗り続けた結果、ほら!日焼けのあとがこんなに違うんです。」と、2本の指の差を見せるというやり方をしてみたんです。これには興味を持ってくれる女性が多く、お客様が増えました。

そして、半年ぐらい訪問販売を経験した後、秘書の部署に異動になりました。

「あなたのせいで、会社を辞めます」…
初めてのマネジメントは苦い味

―飛び込み営業から秘書では、また業務内容も大きく変化しますね。

下国:そうですね。現在の会長が当時は社長でありオーナーだったんですが、かなりパワフルな方で今でも尊敬しています。秘書の仕事では急な依頼が多くて、例えば赴任した当日にも「今から大阪に行ってもらうから、泊まりの準備して」と言われて、初日から泊まりがけで食事会などの同行をしたり、飛行機やヘリを乗り継いだりしていましたね。

秘書の仕事はハードではありましたが、各業界の重鎮的な方々との食事会が頻繁にあり、「何か学べるのではないか、おもしろいのではないか」という期待感を常にもって仕事をしていました。

そして、そのまま2年が経ち、私の下に後輩が入ってきたんです。そこで初めてのマネジメント業務を経験することになりました。

―入社3年目でマネジメント業務をされることになったんですね。マネジメントはどうでしたか?

下国:当時は、マネジメントというものが全くわかっていなかったんですよね。自分が新人の時の先輩たちは私達新人に仕事を任せて、定時退社して習い事に行くような働き方をしていたんです。だから、マネジメントはそういうものだと思って同じようにしていたんですが、その結果、後輩たちの反感をかってしまったんです…(苦笑)。

そして、これは未だに忘れられないのですが、3つ年下の後輩が会社を辞める時、「あなたのせいで会社を辞めます」と、かなり怖い顔をして言いに来たことがありました。
可愛がっていたつもりの後輩に、そんな風に言われてかなりショックでしたね。今考えると、後輩たちが私に求めていたのは「一緒に汗をかき、悩みを共有しながら二人三脚で仕事をしてくれること」だったんだと思います。それを深く考えずに、目の前の後輩たちに向き合うこともなく、ただ過去の先輩たちと同じようにしてしまった…。周りが全く見えていなかったんですね。それが初めてのマネジメントの経験でした。

-そのようなことがあったんですね。当時マネジメントをするにあたって、下国さんの中にはどういった考えがあったんでしょうか?

下国:先輩たちもやっていたし、先輩と後輩ってこんなものなのかなと同じようにやってました。自分も経験として同じようにされていたので、当たり前だと思って悪気なく仕事を任して帰っていました。よく部活の先輩にこうされたから、こうするってあるじゃないですか。それと同じです。

ただ、相手の気持ちを捉えていたかでいうと、仕事を押し付ける先輩の真似をしながらコミュニケーションをしてしまったので、結局は目の前の後輩たちと向き合えてなかったんです。今となっては反省しかない、苦い経験になりました。

その後は、また部署異動があり、次は営業企画の仕事をすることになりました。

台の上に足をのせて「この透け感が…」と自らが考案したタイツの宣伝をしてみたり・・・
主体的に動くことで体感した仕事のおもしろさ