0524_MIKAWAYA21_魃画ク・RWI_26_B

常に5年後、10年後を考えながら築いてきたキャリア。状況によって歩み方を変えながら、仕事にも家庭にも常に最善を尽くせるように心がけ、未来を描く女性社長。

鯉渕 美穂さん  30代 代表取締役社長
MIKAWAYA21株式会社
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
大学卒業後、大手コンサルティング会社に入社し、5年間勤務。結婚を機にバックオフィスへの転職を経て、さらに人材育成ベンチャー企業であるアルー株式会社に転職。マーケティング、営業としてのキャリアを積んだ後、海外現地法人の責任者として支社設立。2014年、第一子の出産前に起業のため退職し、MIKAWAYA21の代表取締役社長に就任。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

常に5年後、10年後の未来図を描きながら、その時に「最適だ」と納得できるキャリアを選択することを意識していらっしゃるという鯉渕さん。今では1児のママでもあり、社長業と家庭を両立されている鯉渕さんの、今までのキャリアとこれからについてお伺いしました。

学生の頃の経験が、自分のキャリアをスタートさせるきっかけとなる。

―本日はよろしくお願い致します!
早速ですが、鯉渕さんのキャリアについて教えていただけますか?

鯉渕:私のキャリアのスタートは、中高生時代まで遡ります。中高一貫の女子校だったのですが、中学1年生から高校2年生まで、毎年文化祭の実行委員をやっており、高校2年生の時に受付まわりの業務を仕切ることになったのです。

その際「年々上がっているパンフレット制作の予算を削りたい」という先生方の課題を聞いた私は、何とかしたいという思いで印刷会社の行き、コストを抑えるための改善策を伺いました。その方法は、“紙の質を下げる”ことと“色の数を抑える”ことでした。そこで、デザイン公募の際に使用する色数を3色に限定したり、パンフレットに載せる広告枠を増やす工夫をしたりして、80万円以上かかっていた制作コストを、75万円程度まで下げることができたのです。そこでの達成感と、課題解決のために試行錯誤した日々が今の原体験になっています。

―学生でそこまで立ち回ることができるのは凄いことですね!そのご経験は、どのようにして鯉渕さんのキャリアに繋がったのですか?

鯉渕:まずはその後の進路に大きな影響を与えました。大学受験を考え始めた頃は、化学系の学部に進学することを考えていたのですが、この文化祭の経験がどうしても脳裏に残っていたのです。そして、「“何かを変えることで、インパクトを与えられる”ということを、将来的に実現できる仕事とはなんだろう」と考えた時、「“経営”ではないか」と閃きました。もともと理系科目が好きであったこともあり、 “理系の知識を活かしながら、企業経営が学ぶことができる”東京理科大学の経営工学科に進学することを決めました。

就職活動の時は、「30歳まで思い切り働き、その後は専業主婦になろう」と思っていました。そのため、“激務だけれども経営に携われる”コンサルティング会社が一番合っているのではと思ったんです。そこで、3年生の冬にあるコンサルティング会社のインターンに申し込み、実際に働いてみました。その経験を経て、やはりこれが自分の目指しているものであると確信したため、新卒では大手コンサル会社に入社を決めました。

とにかく前向きに、ひたすら仕事に没頭した20代。

―コンサルティングの会社はかなりのハードワークというイメージがありますが、いかがでしたか?

鯉渕:そうですね、数年で辞めていく人も少なくなかったですね。ただ「30歳までは思い切り働こう」と決め、自分の納得がいくまで考えて選択した道だったので、何があっても「5年間は続けよう」と思っていました。

また、学生時代から「“社会人としての自分”、“家庭人としての自分”、“女性としての自分”。それぞれ成長していけるような人生を歩みたい」とも考えていました。それら3つを同時に満たすのは難しいけれど、その時々の状況や環境に応じて優先順位が変わったとしても、全体的なバランスが取れていれば良いなと。なので、「20代だからこそ“社会人としての自分”を成長させることに没頭してもいいのでは?」と思えたことで、ハードワークも乗り越えられた気がします。

プロジェクトのカットオーバーの時期は、明け方にタクシーで帰宅し、シャワーと着替えだけして再び9時出社ということもありましたね。男性陣はそのまま泊まりということもありましたが、そこは女性として自分もちょっとがんばっていた気がします(笑)。

話しているところ

「30歳で専業主婦」という目標が生まれたのは、育ててくれた親への感謝の気持ちと尊敬の想いからだった。

―なぜ、「30歳で専業主婦」という目標を立てていたのですか?