求人の詳細

【東京勤務・入社時時短OK】行政の入札情報サービスを手掛けるGovTech企業の経理・総務 ※ブランクOK/場合によりリモートもOK
更新日:2020年03月30日
正社員

【東京勤務・入社時時短OK】行政の入札情報サービスを手掛けるGovTech企業の経理・総務 ※ブランクOK/場合によりリモートもOK

株式会社WiseVine
  • 年収:300万円 〜 450万円
  • 勤務地:東京都(23区)
  • 職種:経理・財務 / 総務
  • 業種:その他(IT・通信・インターネット) / 団体・組合・連合会・官公庁
  • ママ社員活躍
  • 急なリモートOK
  • フレックスOK
  • 時短OK
  • 週3・4勤務OK
  • リモートOK
  • 転勤なし
  • 学歴不問
よく一緒に「興味がある!」されている求人

このお仕事の魅力

  • 勤務時間、日数、リモート勤務等、柔軟に相談できる
  • 19時にはほぼ全員帰宅
  • 子育て中のママ在籍
  • 成長中の会社でスキルを身につけられる

このお仕事の募集背景

<この会社について>
株式会社WiseVine(ワイズバイン)は、2018年に創業したスタートアップ企業です。
代表の吉本が公共領域のコンサルタントとして仕事をしていた中で感じていた「行政の入札の不を解決する」ことをミッションとしています。
官民連携を目指したマッチングサービス「WiseVine」を提供しています。


【サービスを立ち上げた背景】
日本の行政の調達は37兆円市場、先進国合計でも240兆円と、大きな市場となっています。
しかしながら、入札の約7割が入札前に勝負が決まってしまっていることを当社では大きな問題と捉えています。

これは行政が民間企業に委託する際のプロセスが原因となっており、行政は企画の段階で民間企業に相談しますが、
相談された民間企業は自企業が実施しやすいように企画をすることができてしまうため、事前に入札のための準備ができます。
企画段階から行政と民間企業が協力しながら行うこと自体は良いことだと考えていますが、
問題は入札に呼ばれる民間企業がほんの数社しか無いことです。

入札情報の公示をする段階で、初めてどの企業も平等に入札する建前ですが、入札の公示から発注までの期間は平均2週間。多くの企業が準備不足になります。
すると、企画支援をした民間企業は上流の段階で情報を得られているため有利に働いてしまうのです。


【募集背景】
サービス開始から3ヶ月で全国200の自治体からご登録をいただき、経産省をはじめとした中央省庁から地方自治体まで、現在は全国250以上の自治体にご利用いただいています。
今後はさらに民間企業の登録が増えていくる見込みで、経理をメインとした管理部の強化が必要なフェーズを迎えています。
そこで、当社初のバックオフィス専任担当者を募集することにいたしました。

このお仕事について

<このお仕事の内容について>
請求業務、社内の経費精算、月次の会計作業など経理業務をメインとしたお仕事をお願いします。
外部に会計士、税理士がおりますので連携して進めていただきます。
また、余裕が出てきたら、労務や総務・庶務的な仕事もお願いします。

現在、社内の2名の女性が別の業務を行いながら、経理と総務を手分けして行っています。
順調にメンバーも増えて、お取引先企業様も増えてきている状況で、
兼務していくれている女性には、メインの業務に専念してもらい、経理の経験がある方に、
バックオフィスをお任せしていきたいと考えています。


<社風・メンバーについて>
男女比は社員で7:3ですが、当社のデータベースを作る情報入力業務は業務委託の主婦の方にご協力いただいているため、委託を含めると4:6と女性メンバーが多くなります。
各チームのリーダー(マネージャークラス)のうち、女性が2名おります。
男女関係なく、成果を出せばマネージャーとして活躍できる環境です。

社風はとても自由で柔軟な会社で、当初は全員がリモートワーク前提で業務をしていました。
サービス拡大に伴ってフィールドセールスや企画職など、職種の垣根を超えて全員で議論する機会が増えたため、出社する方が業務効率が上がる職種に関しては出社勤務を中心としていますが、
今回募集するインサイドセールスはリモートワークを前提として考えており、業務に慣れるまではご出社いただき、その後はご自身の裁量によってリモートワークの選択も可能です。

(コロナウイルスの流行が発表された際は即時全員出社禁止となりましたが全く問題は生じず、いつでも全員がリモートワークで業務を遂行できる状態になっています。)

会社としても今後は女性メンバーを積極的に採用していきたいと考えており、働きやすさは重要なキーワードになるのではないかと考えています。
入社時から時短OK・リモートOK・フレックスOKと、比較的柔軟な当社の働く環境で、働く上で条件がある方にもぜひご活躍いただきたいと考えています。

応募資格

必須のスキル・資格

・経理の経験(目安:5年以上)
・月次決算業務の経験

優遇されるスキル・資格

・簿記2級(あれば尚可)

求める人物像

・経理だけでなく、総務など、メンバーのサポートを柔軟に行ってくれる方
・好奇心旺盛で、新しいことを知るのが好きな方

選考の流れ

書類選考→面接(1~2回予定)
※ここで言う書類はLiBzキャリア上のご登録情報を指します
※ご入社時には別途、履歴書をご提出いただきます

雇用形態・条件など

雇用形態正社員
試用期間4ヶ月
試用期間中の給与・試用期間中も給与は同じです
・時短希望の場合は、勤務時間によって金額が異なります
労働制度面談・面接時に説明
年収300万円 〜 450万円
  • スキル、ご経験、直近年収等の考慮あり
  • 残業代の別途支給あり
勤務時間

09:00〜18:00

時短勤務OKですので、例えば下記のような時間での勤務も可能です
・9時~16時
・9時半~16時半
・10時~17時
曜日によって変更も可能ですので、面接時にご希望をお聞かせください。
休憩時間

12:00〜13:00

時間外労働なし(ただし、メールその他コミュニケーションツール等での状況確認は随時行っていただきます)
休暇完全週休2日制(土・日)
勤務地
東京都(23区)
最寄り駅
  • 東北沢
  • 下北沢

働く女性へのメッセージ

「公共入札」。

聞き慣れない言葉だと思いますが、私達の生活に欠かせない、
行政や自治体が行っている公共サービスには毎年「37兆円」という予算が使われています。
例えば、お子さんが遊ぶ公園の遊具、防災関連のインフラ整備、図書館の運営、公立学校等々、
普段意識をしていない中にも公共サービスは私達の生活に密接に関わっています。
私達がより良い公共サービスを享受するためには、行政や自治体と素晴らしい商品や技術を持つ民間企業との適切なマッチングを行っていく必要があります。

「WiseVine」を通じて行政と民間企業の良い出会いを創出することで、
いずれはご自身の生活に戻ってくる、そして日本がもっと暮らしやすい国になる。
こんな好循環を生むサービスにご興味をお持ちの方、是非一度、お話をしてみませんんか?

株式会社WiseVineはこんな会社です

内閣府主催「RESASアプリコンテスト」優秀賞ほか、各方面のピッチ、コンテストで多数受賞をした
新しいビジネスモデルを推進しているGovTech(行政×テクノロジー)ベンチャーです。
創業3年目を迎える現在、内閣府が推進する「オープンイノベーションチャレンジ」との連携や
官民連携プラットフォーム「WiseVine」を活用した自治体職員による調達支援の実証実験が開始されるなど、GovTech業界を牽引していると言っても過言ではありません。
直近では約3億円の追加資金調達も完了し、官民双方から専門スキルを持った強力な仲間が集まっています。
すでに250超の自治体に「WiseVine」を利用していただいており、
民間企業様からの需要も増えてきている中、より多くの行政サービスを変革し、
よりよい地方自治を幅広い地域/領域で実現したいという当社のミッションに共感いただける方を募集しています。

会社概要

会社名株式会社WiseVine
設立日2018/03
代表者吉本翔生
資本金144,802,000円
売上高非公開
従業員数16名
登記住所東京都世田谷区北沢4-4-23 split 202
企業HPhttps://corp.wise-vine.com/

従業員女性比率

女性管理職比率

よく一緒に「興味がある!」されている求人