LiBzCAREER

ウーマンキャリアインタビュー

飯嶋真美 インヴェンティヴ・ヘルス・ジャパン合同会社​ リクルートメント シニアマネージャー

ライフイベントの変化にも柔軟に対応-生涯働き続けられる環境を用意しています

インヴェンティヴ・ヘルス・ジャパン合同会社​

インヴェンティヴ・ヘルス・ジャパン合同会社​

インヴェンティヴ・ヘルス・グループは、医薬品の一生に及ぶすべてのフェーズに欠かせない知識と経験を兼ね備えたエキスパート12,000人を世界40拠点に配し、研究・臨床開発(CLINICAL)から営業・マーケティング、ブランディング(COMMERCIAL)、コンサルティング(CONSULTING)、そして市販後調査までのサービスを“ワンストップ”で提供しているグローバル・リーディング・プロバイダーです。米国のCSO(Contract Sales Organization=医薬品販売業務受託機関)業界では、シェアNo.1を誇っています。 インヴェンティヴ・ヘルス・ジャパンは、2009年2月にCSO事業を開始して国内事業に参入しました。 わずか3年という期間でMR数において国内第2位となり、その後、今日に至るまでさらに成長できたのは、グローバル企業としての特長を生かしつつ、お客様の声に積極的に耳を傾けて、サービスを提供し続けてきたからだと考えています。 今回は弊社の中核事業であるCSO事業の中で、MR職としてご活躍いただける方を募集しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

- 飯嶋さんのキャリアを教えてください

新卒で、日系のメーカーに就職しました。25歳で結婚し、それを機に退職し、専業主婦になったんです。その頃はそれが当たり前でした。しかし、半年くらいして、時間を持て余すようになり、採用支援の会社に再就職しました。3年たった頃、働きぶりが評価され、マネージャーとして、大きなプロジェクトを任せてもらうチャンスに恵まれました。それが私の転機ですね。評価され、仕事を任せられることで、仕事が面白い!と感じられるようになったんです。その後、もっと違う世界でチャレンジをしてみたいなと思い、転職。それが今の会社、インヴェンティヴ・ヘルス・ジャパンです。自らの経験から、女性に活躍して欲しいという想いがとても強いですし、もしこれまで環境や評価に恵まれない中で働いていると感じているとしたら、当社はどこよりも一番チャンスを用意できると思っています。

- 御社における女性活躍の現状をお聞かせください

研修やフォロー体制が充実しているので、医療業界未経験でも活躍でき、これまでに人材や不動産の営業、飲食店店長、ブライダルコーディネーターなど様々な業種から転職された女性が大勢います。また、仕事を通じて医療業界での専門性が身につくばかりでなく、当社はグローバルで業界トップで、多くのプロジェクトがあることから、全国各地で働ける環境を提供できるので、みなさん結婚・出産、パートナーの転勤などを経ても働き続けています。現在、育休中のマネージャーもいます。また、医師とのコミュニケーションの中で、女性ならではの細やかさや気遣い、人当たりの良さなどを活かしていただきたいということから、ここ1~2年、特に、女性の営業を活用したい、という相談を多くの医療系メーカーより頂戴しています。ちなみに、当社は以前から、大手外資系製薬企業と「ダイバーシティ・プロジェクト」として、女性管理職育成プログラムを展開するなど、女性の活躍推進に力を入れています。実際に20代で管理職として製薬企業に転籍された方もいらっしゃいます。

- 女性社員の活躍を引き出し支援するための工夫や制度はありますか

医療業界が全くの未経験でも、内部に講師を抱えるなど、研修制度が充実しているので、安心です。また、現場に配属された後は、マネージャーがしっかりフォローします。実際、多くの女性社員が、マネージャーにプライベートの悩みまで打ち明けるほどの信頼関係を築いています。また、当社はグローバルで業界トップであり、外資系メーカーとの付き合いが多いため、多様なプロジェクトに関わる機会がありますし、メーカーへの転籍も可能なため、キャリアパスを何通りにも描くことができます。

- LiBz CAREERに登録するキャリア女性に向けたメッセージを

当社には、自分らしさを開花させ、プライベートも仕事も充実させることができる仕事があります。実際に、当社に転職し、「初めて仕事が楽しいと思えた」と言う女性社員がたくさんいるんです。医療業界は社会に貢献しているという実感を持てる仕事ですし、景気に左右もされず、高収入を得られるので、やりがいを見つけやすく、モチベーションも保ちやすいんですよね。もし、今の仕事や環境に何か不満を持っていたり、キャリアに迷っているとしたら、ぜひ、一度、会いに来てください。私は、面接官というよりも、キャリアアドバイザー的なスタンスで、みなさんとお会いし、これまでのお仕事やプライベートも含めた今後の希望や志向性などについて詳しくお伺いします。あなたとの出会いを楽しみにしています。