LiBzCAREER

ウーマンキャリアインタビュー

東後澄人 freee株式会社 取締役 COO

挑戦を支援していくことで、日本の活性化につなげていけたら

freee株式会社

freee株式会社

freee 株式会社は、スモールビジネスを営む方々が創造的な活動にフォーカスできるよう、バックオフィスの業務をテクノロジーで自動化・効率化することを通じて、スモールビジネスの活性化に貢献し、イノベーションを促進したいと考えています。 その第一歩として、どんなビジネスにおいても大変な作業である会計・経理の業務の面倒から解放することを目的として、2013年3月に「全自動のクラウド会計ソフトfreee(フリー)」をリリースし、運営をしています。 「全自動のクラウド会計ソフトfreee(フリー)」は、PCブラウザやスマートフォンから利用できるクラウド型のスモールビジネス向け会計ソフトです。簿記の知識がなくても誰でも簡単に利用できること、そして、銀行やクレジットカードのweb明細と自動で同期し、会計帳簿が自動で作成できることを大きな特徴としています。 2013年3月にリリースした freee は、メディアでも話題となり、口コミで急速に利用者数を増やし、現在は200,000を超える事業者様にサービスを提供しております。クラウド会計ソフトシェアNo.1として、すでに多くの方の確定申告や法人決算にて利用され、スモールビジネスを営む方を面倒な経理業務から解放しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

- 御社における女性活躍の現状をお聞かせください。

当社はクラウド会計ソフトシェア No.1 の「クラウド会計ソフト freee」と「クラウド給与計算ソフト freee」を提供しています。設立3年目の企業ということもあり、転職してきた方々がほとんどで、マーケティングやPR、カスタマーサポートやエンジニアなどあらゆる職域で女性メンバーが活躍しています。

前職の職種は様々ですが、比較的規模が大きい企業出身者の割合が多く、共通しているのは「急成長している環境や学びの多い場で、自身の可能性を高めたい」と成長意欲が高いこと。そもそも当社のプロダクトは“クラウドでの会計管理を通じて、新しいワークスタイルの実現に貢献すること”を思想としており、お客様も経営者や個人事業主などの「柔軟に働きたい」とお考えの女性の方が多くいらっしゃいます。社内のみならず、社会全体に対しても女性の多様な働き方の場を提供し続けています。

- 女性社員の活躍を引き出し支援するための工夫や制度はありますか?

当社では、特に男女での差異を設けておりません。従って前述の通りあらゆる職域で女性メンバーが活躍しています。また非常にフラットな組織のため役職の階層がほとんどなく、それぞれがコアな役割を担う、なくてはならない存在になっています。

会社としてのスタンスは「フレキシビリティを許容する」こと。社員それぞれが、自身の状態に合わせて働き方を自分で決めることを推奨しています。たとえば子供がいる男性メンバーは自発的に早出社・早帰りをしていますが、周囲も配慮し互いに業務を調整しています。統一の制度をつくるよりも、個々人が調整できることを優先し、柔軟で強い組織を作り上げています。また社全体が家族のような一体感のある雰囲気なので、お子さんを連れて来て一緒に食事に行くなど家族で交流する場面もあります。

- LiBz CAREER に登録するキャリア女性に向けたメッセージをお願いします。

皆さんのように仕事への高い意識を持たれている方にとって、「仕事を通じて世の中に何を提供できるか」が、重要な要素になることが多いのではないかと思います。当社のプロダクトが世の中に広がっていくことで、男女問わず新しいワークスタイルで活躍する社会を実現していきます。当社に入社したメンバーがそうであるように、このビジョンに共感していただける方であれば、非常に充実感を感じられる場をご提供できるはずです。

また、今後日本がさらに成長していくには、多様な個人や企業がチャレンジしていくことが必要です。当社のプロダクトを通じてその挑戦を支援していくことで、日本の活性化につなげていけたらと思っています。

全自動のクラウド会計ソフトfreee(フリー)
http://www.freee.co.jp/

この会社で募集中の職種