エキサイト株式会社

  • 所在地:東京都港区南麻布3丁目20‐1 麻布グリーンテラス4F

  • 事業内容:インターネット情報サービス

企業について

企業について

◇業界での実績、JASDAQ上場の安定感と変化を求め、新戦略に取り組むベンチャーマインドが融合

 エキサイト株式会社は設立19年。業界での実績はもちろん、伊藤忠商事株式会社の子会社というバックボーンや、東京証券取引所JASDAQ上場という安定感も見逃せません。経営企画室の佐藤さんによると、「去る4月1日、今川 聖 代表取締役社長が『選択と集中の時代は終わった。これからは変化の時代。攻めに行く』という今後の当社の姿勢を明確に打ち出しました」とのこと。

 その一環として、エキサイトの情報発信を特徴づけるニュース発信には大いに力を入れていくそうです。手始めに女性に人気の自社メディア「ウーマンエキサイト」を2016年春にリニューアルし、子どもを持つ30代・40代の“ママユーザー”へのターゲットの絞り込みを行っています。今後もさらなる変化を求めただ今準備中。

 その他、エキサイトニュースに紐づくメディアとして、90年代~00年代の懐かしい芸能ニュースや流行、文化などを取り上げた「90sチョベリー」、B級グルメや話題のネタを徹底的に掘り下げる「エキサイトBitコネタ」など、独自の切り口でエッジを利かせたニュース発信も注目されています。

 一方、女性向けサイト「ローリエ」では、メイクアップアーティストやネイリストを招いたワークショップを企画し、ウェブとリアルイベントとで連動型の新しい試みを採り入れるなど、様々なチャレンジも行っています。

 安定や信頼を築きながら、なおも新戦略で業界に多くの話題を投げかけていくエキサイトの動向は、これからも目が離せません。

女性目線でみる職場について

女性目線でみる職場について

◇朝9時までの「早朝残業」を導入。産休・育休からの復職98%で、ライフステージ合わせた働き方ができる

 エキサイト株式会社では2015年8月から、22時以降の夜の残業を原則禁止としました。その代わりに、朝9時までに出社して働いた分についても残業手当を支給する「早朝残業」の制度を導入。早く仕事をスタートして、その分早く切り上げるという文化を根づかせるための施策です。

 もともとフレックスタイム制が導入されていたものの、残業を減らす原動力にはなりづらかったようですが、「早朝残業」の導入により、「朝6時、7時に出社して、自分が最も効率よく仕事を進められる時間に集中的に仕事をし、早く帰るという人も増えました。もちろん、その時々の仕事の状況や周りの人たちとどう関わるかということも関係してきますが、それらに問題がなければ、早く帰りにくいという空気もありません」と、経営企画室の佐藤さん。

 従業員の女性比率は40%以上。「女性の活躍なくして、当社の事業は語れない」(佐藤さん)ほどです。部署や仕事の内容にもよりますが、ワーキングマザーも数多く、産前産後休暇、育児休暇からの復職率は実に約98%。時短勤務をしている人ももちろんいます。結婚・出産を経てライフステージが変化しても、腰を据えて仕事を続けられる制度と環境が整っていることが、この数字の理由とも言えます。(LiBzCAREER編集部)

会社概要

設立日1997/08
代表者代表取締役社長 今川 聖
資本金 3,237百万円(2015年3月31日現在)
売上高--
従業員数--
登記住所東京都港区南麻布3丁目20‐1 麻布グリーンテラス4F
企業HPhttp://corp.excite.co.jp/