ELGC株式会社

  • 所在地:〒100-6161  東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー24階

  • 事業内容:化粧品、医薬部外品の製造、販売、輸出入

企業について

企業について

 ELGC株式会社の前身・エスティ ローダー日本支社は1967年設立。2014年7月にはELGC株式会社に社名変更し、合計10ブランドを取り扱い、その製品は百貨店を中心に全国490以上のカウンターで販売されています。その売上げ成長率は、日本の化粧品業界において他社を大きくリードしているそう。

 現在、化粧品だけを扱っている会社の売り上げとしては世界で2番目という同社。他社と圧倒的に違うのは同社が扱うブランドがすべてプレステージ(最高級、高品質)と言われている価格帯にあるブランドのみで、その結果、販売チャネルも基本的には対面をコンセプトにしているという点。

「そこが当社のビジョンにも関わってくると思うのですが、『プレステージ』『ビューティ』というフィールドの中で常に世界のリーディングカンパニーであり続けようというのが当社のビジョンにあります。

 単純に製品がよければいい訳ではなく、ご来店いただく全てのお客様にも最高の空間を演出し、最高の接客をしてこそプレステージブランドができるという考え方です。

 当社のミッション、経営理念である『触れ合う一人ひとりに最高のものを』は創立者エスティローダー夫人のメッセージでもあります。世界中の社員がどんな小さな仕事にも『クオリティが高いタッチ』を『ハイタッチ』で臨む、ということをとても大切にしています。

 アメリカの会社にしては珍しく、温かく丁寧に接する、ということに深いこだわりを持っていると思います」

 また業務中、何かをやろうとする時も「それはハイタッチなやり方なのか」「もっとハイタッチなやり方はないのか」という発言はキークエスチョンとして出てくることがあるとのこと。日常的にそういった会話がなされるのも同社ならではの特徴と言えます。

女性目線でみる職場について

女性目線でみる職場について

 オフィス社員400名のうち6割が女性という同社では、産休や育休を取られている方が多いそう。人事部シニアコーディネーターの奥さんもその一人。お話をうかがいました。

「私も2回産休と育休をいただきました。その時はたまたま同じポジションに戻りましたが、ご本人の事情によっては難しい場合もあるので、その方と相談しながらどうすればみんなにとってのベストになるのか検討しています。
産休や育休を取って復職するのが特別なことではないという土壌があります」

 同社が手掛ける10ブランドのうち、事業部長が2人を除いて全員女性という同社。
「世の中で女性活躍云々と言われていますが、当社では当たり前です。女性でもリーダーとして普通に活躍できる環境ですね」
身近に仕事と家庭の両立をしているロールモデルとなる女性たちがたくさんいる職場で、自身のキャリアを磨き、成長していけます。

 同社では製品を社員価格で購入できる社販制度があります。女性が多いことから利用されている方も多いとか。
自社の製品を知るためにも、そして社員自身が自社製品を楽しめることが何より大事だという会社としての想いがうかがえます。

 そんな同社では化粧品を扱うこともあり、オフィス自体がとてもいい香りに包まれていました。
「お客様にもよく言われますね。特別に何かをしている訳ではないのですが、多分扱っている化粧品やフレグランスの香りがオフィスに流れるのだと思います」と角田さん。

 取材日は各ブランドに所属する方に撮影協力をして頂きました。店頭で販売に携わっている社員にはもちろん制服がありますが、オフィスで働かれている方の服装は、所属するブランドのイメージに合わせているとか。黒一色だったり、モノクロだったり、色を入れても良かったりと様々でした。(LiBzCAREER編集部)

会社概要

設立日1967/03
代表者代表取締役社長  エリック ドゥイエ
資本金8,000万円
売上高--
従業員数約2,000名
登記住所〒100-6161  東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー24階
企業HPhttp://www.estee.co.jp/

特徴タグ

  • 年間休日120日以上
  • 土日祝休み
  • 女性管理職有
  • 社会保険完備
  • 外資企業