株式会社ファイブグループ

  • 所在地:東京都 武蔵野市 吉祥寺 本町 2-5-10 いちご吉祥寺ビル 7F

  • 事業内容:飲食事業(居酒屋・ダイニング等)の経営・企画・運営店舗プロデュース事業

企業について

企業について

 2020年までに年商200億円を目指し、今も急成長を遂げている株式会社ファイブグループ。2016年のテーマは「全開バリバリFUN」なんだそう。
同社の理念に「関わるすべての人が楽しくなれる環境を作ること」があり、常に「全開バリバリFUN」を地で行くような、何でも全部楽しんでやってみよう、という想いが込められています。

 このテーマについて光藤さんが話してくれました。
「仕事は楽しいものだけではなかったりしますよね。それでも常に上位概念は『楽しい』とメンバーには思っていて欲しいんです。
分かりやすく、キャッチーなフレーズでメンバーもお客様も周りの方も全部全開で楽しくいこう、という会社としての想いがあります」

 この、耳にするだけでも楽しく、前向きになってしまうテーマを掲げ、同社の方たちは店舗のアルバイトさんに至るまで常に自分にとっての「楽しい」を意識して日々仕事にあたられています。

 その1つが店舗ごとにバラエティーに富んだメニューや店内POP。スタッフが自主的に書き始め、そのクオリティはプロ並み。特に教わったわけでもないのに、一人ひとりが自分にとっての「楽しい」を追求するカルチャーが根付いています。

女性目線でみる職場について

女性目線でみる職場について

 メンバーを大切にするファイブグループでは、社員からアルバイトに至るまで、一度でも同社で働いた経験がある方は半永久的に社員割引がされる「ファイブカード」が支給されるんだとか。
同社と直接関わることが無くなっても、お店へ訪れる度に嬉しい気持ちがプレゼントされる粋な制度です。

 社内誌「月刊ファイブマガジン」は社内だけに閲覧をするのが勿体ないと思える程のクオリティの高さ。「ファイブのいいねを共有しよう!」を目的に、グループを通しての月間MVPスタッフや新入社員の紹介があったり、各店舗でのノウハウを紹介したりと、ブランドをまたいで同じ方向を見るのに一役買っています。

 平均年齢が31歳ほどだという同社ではご結婚され、お子さんのいらっしゃる方が多いんだとか。そういったことからも「これから増えていくであろう女性のライフスタイルの変化にも柔軟に対応して行きたいですね」と話す光藤さんの言葉も頷けます。

 同社ではこれからも次々と福利厚生を増やしていきたいんだそう。
今現在はまだ制度化していませんが、例えば会社公認の部活動であれば、部費はもちろん、ユニフォームを作りたければそれも会社負担してもらえるようにする予定。
社内コミュニケーションが目的なので、それに対して会社として補助をしたいという想いがあります。ツーリング部、美術鑑賞部、釣り部など、希望があれば何でも受け入れたいとのことでした。

 また、これから制度化していくものとして他にも「JSK(自由と責任と覚悟)休暇」や「おかえりなさい制度」も見逃せません。
「JSK(自由と責任と覚悟)休暇」は、普段きちんと業務にあたっていれば、長期の休暇取得が可能になるというもの。

「特に若いメンバーは海外へ長期間行きたかったりもすると思うんですが、会社を辞めてからじゃないと行きづらかったりする。それを可能にしようという制度です」と光藤さん。

 また、「おかえりなさい制度」は、他社で経験を積みたいという人が、「やっぱりファイブグループがいい」と思った時には戻ってくることを受け入れる、というユニークな制度。
どちらもアイデアマンである代表・坂本さんの発案。今後人事部主導で形にしていく予定なんだとか。

 これからも「まず第一に、働く社員が『幸せを感じること』」をベースに様々な制度が生まれ、長く楽しく働ける環境が用意されています。(LiBzCAREER編集部)

会社概要

設立日2003/06
代表者代表取締役社長 坂本 憲史
資本金10,000,000円
売上高--
従業員数--
登記住所東京都 武蔵野市 吉祥寺 本町 2-5-10 いちご吉祥寺ビル 7F
企業HPhttp://five-group.co.jp/