LiBzCAREER

LiBz総研 調査レポート

アベノミクス「女性社会進出」調査企画 過去到達年収400万超ハイキャリア女性限定調査

約50%の女性が、将来的に経営幹部・管理職になりたい!
一方で、女性が活躍するためには、福利厚生・制度の充実が必須条件
特に結婚・出産後は、在宅・時短勤務制度を利用したい女性が80%超

株式会社LiB(リブ) 

キャリア女性に特化した会員制の転職サイト「リブズキャリア」を運営する株式会社LiB(所在地:東京都渋谷区 代表取締役:松本 洋介)は、当サイトの20代から50代の会員116人に、今後の自身のキャリアについてアンケート調査を実施しました。

まず目に付く結果が、「将来的に経営幹部や管理職になりたい」と思っている女性が約50%もいるということです。一方で、「どちらとも言えない」「わからない」等、明確な意見をまだ持っていない女性も約40%見られました。

また、周囲の女性管理職についての印象について聞いてみると、「身近にいないのでわからない」という意見、および「尊敬するが難しい」という意見が最も多く、そもそも現在の職場に管理職がいるケースが少ない、またいる場合でも、同様のキャリアパスを自身がたどるイメージがつかないと感じていることがわかりました。

この結果から、女性経営幹部・管理職の存在が社会や企業に十分に浸透しておらず、今後取り組むべき重要課題であることが読み取られます。では、女性の管理職登用含め「女性の活躍推進のために、企業や社会に求められるものは何か?」という問いに対しては、「福利厚生や制度の充実」が一番大切であるという意見が最も多かったことや、実際に、結婚・出産後に在宅・時短勤務制度を利用したいと思う女性が80%を超えていることから、女性のライフイベントと仕事の両立をサポートする体制への強いニーズが感じられました。

約50%の女性が、将来的に経営幹部や管理職になりたいと思っている

  • 48%の女性が、将来的に経営幹部や管理職になりたいと思っている
  • 将来的に経営幹部や管理職になりたいかは、「どちらとも言えない」「わからない」と回答した女性が、39%
  • 将来的に経営幹部や管理職になりたくないと思う女性は14%

周囲の女性管理職について、「身近にいない」「自分には難しい」と感じる女性が60%

  • 30%の女性が、周囲の女性管理職について、「身近にいないのでわからない」と回答
  • 30%の女性が、周囲の女性管理職を「尊敬するが、自分には難しいと思う」と回答
  • 周囲の女性管理職に「憧れがある」と回答した女性は22%

女性の活躍推進のためには、「福利厚生や制度の充実」が最重要

  • 女性が社会で活躍する為には、「福利厚生、制度の充実」が重要と考える女性が26%
  • 女性が社会で活躍する為には、「男女平等な社風」が重要と考える女性が19%
  • 女性が社会で活躍する為には、「男性の育児参加」が重要と考える女性が14%

80%以上の女性が、結婚・出産後に在宅・時短勤務制度を利用したい

  • 82%以上の女性が、結婚・出産後に在宅・時短勤務制度を利用したい
  • 結婚・出産後に在宅・時短勤務制度を利用したいと思わない時女性はわずか5%

在宅・時短勤務を利用したくない理由は、周囲の目と平等な働き方

  • 「職場の雰囲気的に利用しづらい」という理由で、結婚・出産後に在宅・時短勤務制度を利用したくない女性が50%
  • 「他の社員と変わらない環境、条件で働きたい」という理由で、結婚・出産後に在宅・時短勤務制度を利用したくない女性が50%

アンケート調査概要

実施期間
2014年6月6日~6月9日
対象
リブズキャリア会員女性:2000名(有効回答数116名)
年齢
25歳以下6%、26-29歳17%、30-35歳41%、36-39歳16%、40-45歳17%、46-50歳3%、50歳以上2%
子供の有無
あり46%、なし54%
就業状況
フルタイム勤務74%、時短・シフト勤務19%、その他7%

本件に関する資料

本件のお問い合わせ先

株式会社LiB(リブ)
広報担当 味岡 倫歩、武井 梨名
TEL : 03-6455-3015
Mail : info@libinc.co.jp